「俺が悪かった、償いをさせてくれ」と言いたいときはこの英語で




【シチュエーション】
アーノルド・シュワルツェネッガー主演映画『ジングル・オール・ザ・ウェイ』(Jingle All the Way)より。

仕事で忙しいハワードは息子ジェイミーとの大切な約束を完全スルー。ジェイミーを悲しませたハワードがあやまるシーン。

Howard:I've done something really stupid today, huh?
パパが悪かったよ。

Jamie:I don't care.
どうでもいいし。

Howard:Oh,come on, Jamie. I hope this is not true because I really wanted to be there. Look, believe me.
そんなこと言うなよ。本当に行きたかったんだよ。本当さ、信じてくれ。

Jamie:You always say that, and you never come anyways.
パパはいつもそういうけど、ぜったい来ない。

Howard:I'm really sorry. You think you can let me make it up to you?
パパのこと、許してくれ。つぐないをするよ。

Jamie:Like how?
どうやって?

Howard:Well, like letting me do something special just for you.
パパがお前のために、特別なことをしてあげるよ。

注目
Let me make it up to you.
償い(埋め合わせ)をさせてくれ。

make it up to=(人、この場合はyou)に埋め合わせをする。

何かミスをしたときとか約束をスルーしてしまったときとか、「ごめん、埋め合わせするよ〜」というときの謝罪で使います。

もちろん、埋め合わせはしっかり実行する必要があります。

このページの英語表現
true = 本当、真実
special = 特別な

このフレーズもどうぞ
There's no time.
時間ないぞ。

<<No.153へ英会話 1日1フレーズ【No.101〜150】へNo.155へ>>

初心者の方も安心。ゼロから始める優しい英会話教材まとめ

スポンサードリンク