無理かもしれないけど、できたらいいな。そんなときの英語がこちら




【シチュエーション】
ベン・アフレック、サミュエル・L・ジャクソン主演映画『チェンジング・レーン』(Changing Lanes)より。

裁判に必要な書類を間違ってドイルに渡してしまい、途方にくれるギャビン。そんなとき、ドイルを発見するギャビン。ドイルに対して謝罪をするが・・・。

Gavin:I have no excuse for my behaviour, I am sorry. I don't know how to make it up to you except I will buy you a new car.
言い訳はしない。僕がすべて悪い。どうやって償ったらいいか ... 新車でも弁償するよ。

Doyle:Money. You think I want money? What I want is my morning back. I need you to give my time back to me. Can you give me back my time?
金だと。俺が金目当てだと?あの朝の時間を返せ。時間を返せよ。君にそれができるか?

Doyle:So she won't take the boys to Oregon! So they'll move into the house so I can be a father! Just 20 minutes! Can you give me that?
そうしたら家族はオレゴンに引っ越さず、息子も取られない。俺はまた父親に戻れるんだ!あの20分を返してくれ!

Gavin:I wish I could, man. I wish I could.
できればそうしたい。そうしたいよ。

注目
I wish I could.
そうできたらいいけど。

そうしたいけれど実際は無理だろうな、そんなときの英語。

実現の可能性がないときはI wish、実現の可能性があるときはI hopeを使えばOKです。

このページの英語表現
behaviour = 行為
Oregon = オレゴン

このフレーズもどうぞ
I'm curious.
気になってね。

<<No.172へ英会話 1日1フレーズ【No.101〜150】へNo.174へ>>

初心者の方も安心。ゼロから始める優しい英会話教材まとめ

スポンサードリンク