ホーム > すぐに使える英会話例文集 > 英語の5W1Hについて

コミュニケーションの基本!5つのWと1つのH


メモを取る人

英会話を覚える上で、英語の5W1Hは欠かせない知識です。

5W1Hとは、When(いつ)、Where(どこで)、Who(誰が)、What(何を)、Why(なぜ)、How(どのように)の問いかけです。

これらはコミュニケーションの基本としてとても重要であり、その効用は会話・ライティング・リスニングなどあらゆる面に及びます

海外旅行などで困ったときも、5W1Hの知識で解決。

例えば、外国の駅で切符を買うとします。販売の窓口や自販機に行き、目的地までの切符を買おうとします。ところが、切符の値段が分かりません。こういう場合、

How much is the fare ?
運賃はいくらですか?

と聞けば解決します。

また、ホテルを探している場合、

Where is the ○○ hotel ?
○○ホテルはどこにありますか?

と聞けば、ホテルの場所が分かります。

このように、様々な場面で5W1Hが役立ちます。

英語を話すことが苦手な初心者の方の場合、相手の話にあわせて、5W1Hを使うことで会話を広げることができます。また、聞き役に周るので、リスニングが得意になり聞き上手になります。

5W1Hの役割
5W1Hの基本的な用い方は次のようになります。

なお、覚えておきたい例文集では、When、Where、Who、What、Why、How、それぞれ重要英文を紹介しています。

具体例を通して、5W1Hの使い方をチェックしてみて下さいね。

Who(誰が)
会話では主語をつかむことが重要。英語で主語を明確にするのはとても大切です。

When(いつ)
人と合うとき、電車の発車時刻など、時期をはっきりさせたいときに。

Where(どこで)
待ち合わせの場所をはっきりさせるときや、道を聞くときなど、旅行の際は必須。

What(何を)
話の内容をはっきりさせる場合や、不明点をはっきりさせます。What's wrongなど重要フレーズを覚えておくと会話に便利です。

Why(なぜ)
原因や根拠をはっきりさせるなど、相手の話をより深く理解するために使います。

How(どのように)
英会話に上手く取り入れ、ぜひ幅広く使いたいです。「どのように○○したらよいか」など、聞き方を意識的に工夫することで、適切で具体的なアドバイスを受けることも。

注目
英会話教材で英語力アップ!今、売れているのは

このページも読まれています
英会話学習の基本パターン
例文を効率よく覚えるために
パターンで英語を話す

<<覚えておきたい英会話の例文集へ

スポンサードリンク