マラソンのように、自分のペースで。


レインボーブリッジの写真

今は、効率や結果が重視される時代。
素早く手軽に、いい結果が求められる時代です。

英会話学習も、ちょっと頑張っるだけで、早く結果が出れば、それはそれでラッキーなことかもしれません。が、現実はそう上手くはいきません。

スポンサードリンク


現実問題、何時間も、何日も、何ヶ月も英会話学習に取り組んでいるのに、いっこうに結果が出ないように思えるときがあるかもしれません。上達が実感できず、心が折れそうなときもあるかもしれません。

英語は、「○○をしたら必ず上手くなる」とは限りません。

もちろん、いくつかコツやポイントを押さえて取り組めば、上達はしていきます。それよりも重要なのは、あなたのライフスタイルや性格にあわせて、英語にトライし続けることが何より大切です。

平日は仕事の合間、1日15分くらい、週末に集中して英語にトライする。進歩の具合を、人と比べる必要はないのです。

勉強時間や使う英会話教材、TOEICのスコアが何であれ、あなたが必要とする英語の力が身につければいいのです。

英会話の上達はマラソンのよう。

走る人

最初ダッシュで走りだせば、速いスピードで走ることができます。短期間なら、とても速く進むことができるかもしれません。

しかし、自分のコンディションを無視して、速いスピードで走り続ければ、そのうちダウンしてしまいます。長い目で見れば、オーバーワークにメリットはありません。

ポイントは、自分のペースを保ちつつ、走ることです。ところどころスピードを上げたり下げたりしつつ、自分のペースを保つことです。

長丁場のレースになればなるほど、走り続けることのすごさが分かります。外野は木にせず、マイペースに英語を続けてみましょう。

次のページ
ポイント3・学ぶことをの楽しさを知るへ>>

若葉マーク初心者でも取り組みやすい人気英会話教材まとめ

関連情報
英会話学習フローチャート【実践】

<<英会話の学習を成功させるための7箇条 一覧へ

スポンサードリンク