ホーム > 英語本レビュー > アメリカの小学校教科書で英語を学ぶ

アメリカの小学生が使う簡単な英文で英語を学ぶ


本の基本情報
タイトル:アメリカの小学校教科書で英語を学ぶ(CD book)
著者:小坂 貴志、小坂 洋子
ページ数:294P
発売日:2005年7月

本の説明
アメリカの小学校のテキストで英語を学ぶというユニークな1冊。アメリカの教育システムの仕組み、特徴、学期など、様々な豆知識が紹介も。

本の表紙

タイトルどおり、アメリカの小学校テキストで英語が学べる1冊です。小学校レベルと言えば、簡単そうに思いますが、読んでみると歯ごたえがあります。

内容は、経済から環境、歴史、算数まで多彩です。いろんなジャンルの英文が読めるので、この1冊を何度も勉強すれば、基礎的な語彙力アップも。

アメリカの小学校教科書で英語を学ぶの本文

また、CDも付いているので、リスニングもOK(ゆっくりなので、勉強すれば初心者でもついていけると思います)です。管理人は、テキストで読んだページを車の中でCDを使ってリスニングしています。

個人的に「興味深いな」と思ったのは、本の最初の部分で紹介されているアメリカの小学校制度、授業内容などの豆知識です。

学期など、日本の新年度は4月からですが、アメリカは9月。「何から何まで日本とは違うんだなぁ」と読んでいておもしろかったです。こうしたアメリカ事情について知りたい方にもおすすめしたい1冊です。

ちなみに、本書「アメリカの小学校教科書で英語を学ぶ」の続編、「アメリカの中学教科書で英語を学ぶ―ジュニア・ハイのテキストから英語が見えてくる (CD book)」(リンク先はアマゾン)も発売されています。

あわせて読むと面白いです。

注目
「英語をサクサク読めるようになりたい」と思ったら注目したい英会話教材まとめ

<<読んでおきたい英語の書籍へ