ホーム > 英語本レビュー > 「超」勉強法

結果を出すにはどうすればいいか。答えはやり方を変えること


本の基本情報
タイトル:「超」勉強法
著者:野口悠紀雄
ページ数:291P
発売日:2000年3月

本の紹介
有名な勉強ノウハウ書籍です。特に、英語に関する学習法は、特にビギナーの方、勉強が苦手な方に参考になると思います。

私も昔、この本に載っている「教科書丸暗記法」を試して、効果を上げました。「どうしたら結果をだせるのか?」という視点で書かれているので、気になった勉強法は試してみることをおすすめします。

超勉強法の表紙

私がこの本に出会ったのは、ちょうど高校生くらいのことです。もともと、勉強は苦手な方だったので、「どうすればよい結果がでるのか?」と考えていたときに出会いました。

私の体験談、転機は新しい出会いからでご紹介していますが、私は最初、超英語オンチでした。ところが、勉強の方法を変えてから、劇的に結果が変わるのを体験しました。

英語が苦手な頃は、単語をノートに書いているだけ、「超」勉強法でも紹介されているダメな方法で勉強しました。ところが、やり方を変えてみると、どんどん英語が上達していきます。

この驚きは今でも忘れません。つまり、「英語ができる・できないに頭のよしあしは関係なく、むしろ勉強法にある」という考えが正しいことを、身を持って経験しました。

「超」勉強法で紹介されている英語学習法の中で、特におすすめなのがテキスト丸暗記法です。ただ、この方法は使い方に工夫が要ります。

テキストを何も考えず丸暗記するのではなく、辞書で単語や文法などを調べ、ある程度文章の内容を理解した上で音読、暗記しましょう。

ただやみ雲に暗記をするのではありません。あくまで理解の伴う暗記が前提です。しっかり単語を調べ、英文の意味が分かれば、後は音読して暗記。これを繰り返すことで、英語独特のリズムが身に付きます。

上達の勉強法まとめ
テキストの写真

また、この本では英語学習のほか、数学、国語等の学習法も載っています。勉強ができるようになる具体的な方法はもちろん、考え方も身に付けることができます。

この本は私にとって恩本とも言える1冊です。学習のヒントにおすすめです。勉強法に疑問がある方、中々結果が出ない方は、参考にして欲しい1冊です。

注目
1年でTOEIC900!正統派の英語学習プロジェクト(体験談)
劣等生から一躍、TOEIC900点・英検1級などを取得した、英語アドバイザー、鈴木拓さんの学習ノウハウ(PDFファイル)。達人の伸びる勉強法とは。

<<英会話関連の書籍へ