ホーム > 英語本レビュー > 関先生が教える世界一わかりやすい英文法の授業

カリスマ英語講師が教える英文法を理解するポイント


本の基本情報
タイトル:関先生が教える世界一わかりやすい英文法の授業
著者:関 正生
ページ数:253P
発売日:2008年2月

本の説明
「つまらない!」、「役に立たない!」と言われる英語の文法を分かりやすく説明。重要語法、熟語も。

気になった一言
会話表現を暗記しなくても意味が分かる、これが文法の力なんです!(P18より)

世界一わかりやすい英文法の授業の表紙

最近は英語の原書を読んでいるのですが、そのせいか無性に英文法が気になりはじめました。

実を言うと、私は英文法があまり好きではありません。今でも、「第○文型が〜」というような話を聴くと、正直気が萎えます。ただ、ある程度文法の知識がないと、読解力と理解力が下がってしまいす。

そこで、「久しぶりに英文法を勉強してみよう!」と思い、アマゾンで探していたところ出会ったのが『世界一分かりやすい英文法』です。

読後の感想ですが、筆者の方はカリスマ塾講師ということで、とても分かりやすく読ませていただきました。時制や仮定法など、文法用語がゾロゾロ出てきますが、文章と説明が分かりやすいおかげか、あまりストレスを感じることなく、サクッと読めました。

文法というと、暗記至上主義的なイメージがあるのですが、この本は、理解を重視した英文法学習が中心です。「なぜそうなるの?」と思ってしまう用法が、「だからこういう文法になるんだよ」というように、頭で納得できるように説明されています。

例えば、「aとthe」の違い。
どういう場合にaを使って、どういう時にtheを使うのか、本書のP173に説明があるのですが、これがとても分かりやすいです。2つの例文付きで説明があります。

@Money is a reason why she has married him.
AMoney is the reason why she has married him.

a=たくさんあるうちの1つ(不特定)
The=共通認識(特定)

内容の解説を見ると、つい笑ってしまいますが、英文法のルールを楽しく復習することができました。

区切りごとにまとめ、分かりやすさは抜群!


全般的に勉強するには少し物足りませんが、説明がとても分かりやすいです。文法を勉強するとき、他の専門的な一冊と一緒に使えば、便利かなと思いました。文法に関心がある方には、一読の価値があると本だと思います。

本の詳細はこちら
関先生が教える世界一わかりやすい英文法の授業

注目
1年でTOEIC900!英語真っすぐリーディング講座

関連情報
文法VSコミュニケーション
受験英語と英会話
文法は問題集で覚えよう

<<英会話&英語関連の書籍へ