ホーム > 英語本レビュー > 2017年 > アメリカの大統領はなぜジョークを言うのか

ジョークのセンスが政治家生命を救う!?『アメリカの大統領はなぜジョークを言うのか』の読書感想です



歴代アメリカ大統領の英語のジョークをもとに、ユーモアのセンスを身につけていく本。

この本ではなぜアメリカの大統領にユーモアのセンスが必要なのかが真剣に説かれているのが非常に面白いですが、大統領でなくてもジョークのセンスは磨く価値あり。

さっと気軽に冗談を言えればコミュニケーションが充実しること間違いありません。

本書ではジョージ・ワシントンやセオドア・ルーズベルト、リンカーンなどアメリカ歴代大統領のジョーク+解説が充実。

ジェームズ・マディソン(P14)
I would much better rather be home in bed.
(就任式のパーティーに出るより)私は家で寝ていたいね。

ジョン・F・ケネディ(P138)
I like being President. The pay is good and I can walk to work.
大統領になるのはいいもんさ。給料がいいし、歩いて職場に行ける。

ウィリアム・J・クリントン(P174)
Being President is like running a cemetery. You've got a lot of people under you, but none of them are listening.
大統領になるということは、墓地を経営するようなもんさ。下にはたくさんの人がいるけど、誰も耳を傾けてくれはしないのさ。

という感じで、英語+ユーモアのセンスを合わせて身につけていくことができます。

また本書は解説が充実。

歴代大統領を通じてアメリカ史の勉強にもなるので、知的教養を高めることができます。

英語を学ぶ息抜きに読むと、ジョークセンス+アメリカについて詳しく理解できます。

評価(☆5つが最高得点)
分かりやすさ:☆☆☆☆
充実度:☆☆☆☆☆
難易度:☆☆☆☆
初心者向け度:☆☆☆☆☆

本はこちら

若葉マーク「英語を話せるようになりたい!」と思ったらこの英会話教材から

関連記事
結果にコミット。英語ジムのパーソナルトレーニングとは
ビジネス英会話教材のまとめ

<<2017年の本へ
<<英語本レビューへ

スポンサードリンク