ホーム > English 一息コラム > 2014年 > 小学校英語指導者資格の取得方法

「小学校で子どもに英語を教える仕事がしたい!」というときに必要な資格を取得する方法


やる気を見せる女性

先日、昔からの知り合いが、小学校英語指導者養成講座を受講しているという話を聞きました。

彼女は高校時代にアメリカにホームステイ&留学しており、英語に堪能なのですが、大学へ進学していないため、英語科教員の免許状を取得していません。

しかし、「英語を教える仕事をしたい!」ということで見つけたのが、小学校英語指導者の資格だそう。

「そんな資格があるのかぁ」と不思議に思って調べてみると、小学校の英語指導者資格は、J-SHINEというNPO法人が発行しているようです。

スポンサードリンク


どうやって資格を取得できる?
J-SHINEとは、日本の小学校での英語教育に関連する団体。

文部科学省や各地の教育委員会と連携し、英語教育に関する活動を行っているそうです。

つまりは、J-SHINEで「小学校英語指導者」の資格を習得することで、日本の小学校で英語を教える仕事ができるようになるようです。

J-SHINEで英語指導者の資格を習得するためには、

1・J-SHINE指定の講座を受講する。
2・一定の成績を取得する。

この2点をクリアすることで、小学校英語指導者の資格が取得できるようです。

この講座で小学校英語指導者資格が取得できます
資格を習得するためのJ-SHINE指定の講座には、次のようなものがあります。

例)
アルク 児童英語教師養成コース

J-SHINEで英語指導者の資格取得者4万人のうち、1万8千人がイーオン生、1万人が以上がアルクからの資格取得者だそうで、資格を習得するにも、取得しやすい講座があるようです。

AEONの場合、資格取得者が多いものの、英会話スクールに通って資格取得を目指すことになるため、20万〜40万円の高額費用が必要になります(公式サイトの情報を参考)。

アルクの講座は通信で、費用は78,000円+消費税、スクーリングの費用34,259円+消費税、審査料6,000円。

お金を節約して、自分のペースで学び、お得に小学校英語指導者資格を取得するなら、アルクの方が安心かも。

小学校で英語を教えたい人はチャンスかも
小学校英語の必修化に伴い、これから小学校でもどんどん英語が必要とされる時代になってきます。

小学校英語指導者の資格は、教員免許とは違い、大学へ行く必要がないので、受講費用と努力する意志があれば、取得することができる資格です。

「英語が好き。」
「子どもに英語を教える仕事がしたい。」
「英語力を活かした仕事をしたい。」

という方は、小学校英語指導者の資格を取得しておくとチャンスが増えるかも。

アルクの通信講座の詳細情報はこちら
小学校英語指導者資格認定 アルク児童英語教師養成コース

関連記事
「英語関連の仕事で収入を得たい!」というときに役立つ資格

<<2014年のコラムへ
<<English 一息コラムへ

スポンサードリンク