ホーム > 知って得する英語の豆知識 > 語学の達人シュリーマンの外国語習得法

トロイア遺跡で有名なあのシュリーマンは外国語の達人だった


古代への情熱―シュリーマン自伝 (新潮文庫)

子供の頃に聞いた伝説を信じ、トロイア遺跡を発掘した情熱の人シュリーマン。

田舎の牧師の子供として生まれ、小さい頃から苦労を重ね、努力を積み、ついに夢を実現させた偉人です。

そんなシュリーマンにはもう1つの側面があります。

それは、語学習得の達人という点。伝記によれば、10数ヶ国語をマスター、自由に使いこなしたというから驚きです。

独学で語学をマスター!
シュリーマンはいわゆる正規の教育を受けたわけではありません。14歳で学校を中退、以後は丁稚奉公に出、苦労を重ねます。

彼が本格的に語学の勉強を始めたのは、1841年、シュリーマン19歳の頃。

オランダ・アムステルダムの貿易会社の小間使いになり、勉強時間は1日10時間の労働を終えた後のこと。

仕事を終えてからコツコツと語学の学習に時間を投資。

3年間という短期間で、英語、フランス語、イタリア語、オランダ語、スペイン語、ポルトガル語、6ヶ国語をマスターします。

以降も学習を続け、ロシア語、ギリシア語、アラビア語など、計10数ヶ国語を習得しています。

このシュリーマンの驚異的な語学力が、情報収集の点で他の商人との差をつけ、ビジネス成功を導いたと考えられています。

一体、どのような勉強法で語学をマスターしたのでしょうか?

参考文献
・まぼろしの王国トロイア(原作:たかしよいち・漫画:吉川豊・理論社)
・古代への情熱 - シュリーマン自伝(岩波文庫)

シュリーマンの語学習得法
シュリーマンがどのように語学を身につけていったのか、彼の学習法は、「古代への情熱」で記載されています。

かんたんにまとめると、次の6つのステップが学習の中心になります。

@音読中心。
A訳をしない。
B毎日1時間はやる。
C作文を書く。
Dネイティブスピーカーによる添削指導を受ける。
E直された作文を暗記・暗誦する。

シュリーマンは、これら6つのステップをもとに、実に10数ヶ国語をマスターしたそうです。

柱となる学習は音読で文章を丸暗記すること。

しかも、同じ本(物語)繰り返し使うという徹底ぶり。特に、声に出して読むことを重視していたようです。

また、こんな話もあります。

シュリーマンは英会話を覚えるために、わざわざイギリスの教会へ行き、牧師の説教をシャドウイングしたそうです。

何度も何度も、小声で聞き取った英語を真似し、自分のものにしていったと伝記では書かれています。

やる気が道を拓く
感動するのは、シュリーマンの下積み時代の努力。

アムステルダムの貿易会社の丁稚時代、1日10時間以上の重労働にも関わらず、毎日必ず語学の勉強

その甲斐あって、3年間という短期間で英語、フランス語、イタリア語、オランダ語、スペイン語、ポルトガル語、6ヶ国語をマスター。

「語学の天才でも、黙々と地道な努力を続けたんだ!」と思うと、あらためて努力の大切さを感じますね。

時間を作ってコツコツ努力。そうすれば、やがて外国語も身についていく。

ひたむきな努力、勉強を継続することが、やがて素晴らしい結果を生むものなのかもしれません。

「一日一歩、コツコツ英語を頑張りたい!」と思ったら注目したい人気英会話教材まとめ

関連情報
夏目漱石の英語学習法は多読だった!?
プロに指導を受ける
5ヶ国語を話す語学の達人から聞いた外国語学習法

<<知って得する英語の豆知識へ