ホーム > English 一息コラム > 英語のプロに指導を受ける

教わった方が良い?専門家に英語を教えてもらう意味


マンツーマン

英語を効率よく学習するために、専門の先生に指導を受けるという方法があります。

自分で独学できる人はよいのですが、「いろいろ勉強したけど上手くいかない!」ということもあります。

そこで、上達のためにその道のプロ(英語学習のプロ)にアドバイスをもらう方法があります。

教えてもらったとおりに学習を行うことで、新しい結果が出る場合があります。

優れた指導者に技術を教えてもらうことは、効率よく学習するために有効な方法です。

というのは、優れた先生というは、経験はもちろん、ずば抜けたスキルを持っているからです。

例えば、塾のカリスマ講師。

本で読んだのですが、塾という業界は、実績によって収入が天と地ほど差が出る(年収1億という人がいるなか、年収が100万にも満たない人も)、厳しい業界だそうです。

当然、人気教師は、受講する生徒に志望校合格という実績があるからこそ、高い収入を得ています。この実績はずば抜けたスキルがあるからこそ

これは英語や英会話の学習も同じです。

優れたスキルを持つ指導者にアドバイスをもらうことで、普通に勉強するよりも、効率よく先へ進むことが可能です。

素晴らしい先生に出会えば、自分一人で勉強していたら半年かかっていたかもしれないレベルに、1ヶ月で到達できるかもしれません。

もしも「この先生の指導を受けたい!」という場合があれば、メールでコンタクトを取ったり、著作を読んで、その先生が提案する学習法をマネしてみることをおすすめします。

(詳しくは守・破・離参照。)

「人との出会いは大切」とよく言われますが、素晴らしい師との出会うことで、新しい可能性の芽が花開くのも事実。

「あきらめかけたことが達成できた!」
「英語ができるようになった!」

など、良い先生との出会いで、素晴らしい体験ができる可能性があります。

スポンサードリンク


指導者探しの注意点
ただ、英語の先生(モデル)を探すと言っても、実績さえあれば誰でもよいわけではありません

注意しておきたいことを、2つご紹介します。

師事を受ける人を厳選すること
よい先生に指導を受けることで、その道の上達がスムーズになる可能性があります。

一方で、指導を受ける人を間違えると間違った考え方を身に付けてしまう可能性もあります。

例えば、「かんたん!努力は不必要です!誰でも今すぐ英語が話せます!」というようなケース。

良心的な場合、やたらと人を煽りませんし、誠実な対応をしてくれます。あえて厳しいことを言ってくれる人ほどありがたいです。

私が指導を受けるときに注意しているのは、

・無責任なことを言わない
言動が一致する
・実績がある(まぁ当然ですが)
・自分が達成したいことをクリアしている人

の4点です。上記のような「あなたもかんたんにできますよ」という場合、ノウハウが底の浅い内容で、小手先のテクニックが多いです。

いわばカンフル剤のようなもので、一時的に効果が出るかもしれませんが、長期間使い続けると、その反動が高くつきます。

(もっと言えば、「簡単・すぐに効果がでます」的なノウハウは、君子危うきに近寄らずの姿勢が無難です。)

また、普段言っていることと、実際にやっていることがチグハグな言行不一致の指導者も要注意です。

行動を見ると、その人が考えていること、性格が一番現れます。

普段立派な事を言っている人でも、実際にやっている行動が「?」なケースもありますので注意が必要です。

指導法を素直に受けられること
次に注意したいのが、いわゆる相性の問題です。

素晴らしい先生と一言で言っても、いろんなスタイルがあります。ハッキリ言えば肌が合う・合わないの問題です。

いくら教えが素晴らしくても、自分に合わない内容、「やってみよう!」と思えない内容は、あなたに合わないのかもしれません。

(この内容については、無料レポート「自己診断後に - 4つの学習タイプ(PDF)」でご紹介しています。)

私は幼稚園くらいの頃、ピアノのレッスンを受けていた経験があります。

ところが、イヤでイヤでたまりませんでした。先生が怖く、いわゆるスパルタ系の指導法です。

上手くピアノを弾けないと怒られたり、手を「パシッ」とやるタイプのレッスンです。耐えられず、親に頼んでレッスンを辞めさせてもらいました。

小学校の高学年に入って、今度は違う先生のピアノレッスンを受けました。

この先生が素晴らしく、やたらと怒らず、厳しくも芯のあるすばらしいレッスンをして下さいました。

おかげで、コンサートで3回演奏(地元の有名なホールで!)、7年くらいレッスンを受けさせてもらいました。

この先生は、どちらかというと個性や生徒のニーズを大切にしてくれる先生で、生徒を型にはめないタイプでした。

基礎は大切にしつつ、指導を柔軟に行ってくれたので、楽しくピアノが弾けました。

これは、先生の指導法が自分にあった良い例だと思いますが、こういう場合、自分の意見をはさまずに、教えに素直に従います。

基礎ができるまでは素直に言うことを聞いて、教えられたことを実行するのが鉄則です。

優れた指導者は、「あなたが見えていないものが見える人」です。

あなたが気付いていない学習の問題点見抜き、適切なアドバイスをしてくれます。教えてくれることには必ず何か意図があります

「なぜ?」と思うことがあるかもしれませんが、素直に従います。

教えられたことを実行し、学習を続けることで、だんだんとレベルがアップしていきます。

こうすることで、ある日「あぁ、そうだったのか!」という瞬間が来るでしょう。

まとめると・・・
最初に間違った情報を信じてしまうと、後々えらく苦労するハメになります。

努力すれば伸びるはずの人が、間違った安易な考え方を信じてしまったがために、途中で挫折してしまうというような悲劇が起きます。

例えば、当サイトでは「英会話&英語上達のために継続した努力が必要」というスタンスをとっています。

自分の体験から、努力しないで英語ができたという人間を見たことがないし、聞いたこともないからです。

私の大学時代の知人に、

・TOEIC900点、TOEFL600点以上という強者(英会話は初心者レベル)
・TOEIC・TOEFLともにごく普通の点数を取ってる(ネイティブとペラペラ話せる)

というケースがあるのですが、両者に共通するのは、ある程度、努力して英語を学習していることです。

なので、私の場合「努力不要!かんたんに英語が話せる」というようなことを話す内容の情報は即スルーします。

英語の先生(モデル)を見つけるとき、このページの情報を思い出してもらえば、判断の基準になると思います。

このページのまとめ
独学でも英会話に挑戦できるが、英語を効率よく身につけるために、先生に指導を受けるという方法も。
・指導者はじっくり選ぶ(情報収集・その人の著作、ブログを読む)。
・「この人だ!」と決めたら、素直にアドバイスされたことを実行する。

追記
「プロの指導者について本気で英語を頑張りたい。結果を出したい!」という場合は、英語ジムに通うのがおすすめです。

英語教育の専門コーチ(パーソナル・トレーナー)があなたを徹底指導。短期集中で結果を出したい方に人気のサービスとなっています。

詳しくはこちら
本気で結果を出すならこれ。英語ジムのパーソナルトレーニングとは

若葉マーク「英会話、英語を頑張ろう!」と思ったら注目したい人気教材まとめ

関連情報
憧れがある人は強い
英会話スクールを受講するタイミング

<<English 一息コラムへ

スポンサードリンク