ホーム > English 一息コラム > ヒトはどうやって言葉を覚える?

赤ちゃんの言語習得プロセスから分かること


考える女の子

英会話を続けていると、こんな悩みはないでしょうか?

「何年も英語を学んでいるのに、カタコトの英語しか話せない。」
「ネイティブの話す英語が聞き取れない!英語、速すぎ!」

なぜ、毎日英語を勉強しているのに、いつまでも使えるようにならないのか?
人は誰でも、言葉を身につける能力があるはずです。

例えば日本語。

日本語が話せない日本人はいませんし、読み書きは別として、会話は自然に身についたはず

・何年も勉強しているのに話せない英語
・自然と身につく母語(日本語)

何か決定的な、大きな違いがあるのでしょうか?
ヒトはどのように言葉を身につけるのでしょうか?

まずは、赤ちゃんの言語習得プロセスを参考に、この問題を考えます。

スポンサードリンク


赤ちゃんの言葉の発達
赤ちゃんは生まれてからすぐに言葉を話すわけではありません。研究によると、赤ちゃんが成長し、言葉を身につけるステップは次のようになっています。

1・「おぎゃー」など、快・不快を表現する状態。

2・機嫌によって、「クークー」など、のどを鳴らすように声を出す状態。

3・「あー」、「うー」といった喃語(なんご)を話す時期。のどや口など、発声器官の発達が影響しています。この時期は、母音が中心の発声をするようです。

4・喃語に子音が混じるようになり、コミュニケーションを意図した言語力が発達していきます。

5・「パパ」、「ママ」といった初語の獲得(1歳前後)する時期。1つの単語を話すのが特徴。

6・潜伏期。言葉を話さない時期。

7・1歳半から2歳くらいから急激に語彙が増える時期。
「ワンワン」などの単語から、「ワンワン+いる」など、だんだんと言語力が広がっていく時期です。文法的な規則の理解も始まります。

8・3〜4歳頃、語彙数が大幅に増加、日常的な話し言葉の習得が完了する時期。

9・5歳頃までに、2000語〜2500語を習得

以上が赤ちゃんが成長し、日常的な言葉を話すようになるまでの、大まかなステップです。

お子さんをお持ちの方は、お子さんが言葉を話すようになるまでの時間を思い出されると、「そうかも」というところが見つかるかもしれません。

子どもが最初に発する言葉。「マンマ」など、1つの単語ですが、文としても機能します。

赤ちゃんはLとRの違いが分かる?
研究から分かることは、「ヒトが言葉を話すようになるまでには、なんらかのプロセスがある」ということです。

しかも、人種や民族に関わらず、赤ちゃんが言葉を覚える過程は同じで、赤ちゃんの言語習得には、周囲の人の声や言葉に強く反応することが分かっています。

このことから、人には言葉を身につける能力が生まれながらにして備わっている(ユニバーサル文法説と言います)という考え方が、言語学者によって主張されています。

また、生後4ヶ月の日本人の赤ちゃんは、LとRなど、大人が難しい音を使い分けできることが分かっています。

これは、赤ちゃんは世界中、どの言語でも習得できる力を持っていることを示唆しています。

研究で分かっているのは、人は本来、言葉を身につける能力があるということ。

もし、人が言葉を身につけるためのDNAが備わっているなら、その力を開花させるための何かが必要かもしれません。

参考文献
・『よくわかる発達心理学』(林 洋一著、ナツメ社)
・『臨床心理学の基本と仕組み』(徳田英次、秀和システム)

若葉マーク「英語を話せるようになりたい!」と思ったらこの英会話教材に注目

関連情報
英会話の上達、ウソとホント

<<English 一息コラムへ

スポンサードリンク