ホーム > English 一息コラム > 英語を話せるようになるために大切なことはミスは恐れないこと

なぜ日本人は「定番の英語」を好むのか?


日本人と白人の美女2人

オールアバウトの記事を読んで、妙に納得してしまいました。

記事によると、日本人が英語を話すとき、「型どおり」のあいさつをする傾向があるようです。

まず学校で習う英語のあいさつが、「Fine thank you, and you?」。

英語の授業でも、最初に「Good morning!」から始まります。そして毎回、決まって同じあいさつを繰り返します。

記事によると、こうした「型どおり」のあいさつは、親しいネイティブにはNGらしいのですが、なぜ日本人はこうした決まった型を好むのか?

その理由は失敗を恐れる心が背景にあると記事は伝えています。

スポンサードリンク


恐怖の理由
日本人は、学校でも会社でも、ミスをすると怒られます。

加点主義よりも減点主義で、だからこそ、「ミスをしない」ことを過剰に意識してしまいます。

また、日本人は均一性が高い民族であるがゆえ、人と同じように振舞わないと「村八分」に合うという無意識の恐れを抱えています。

ミスをして怒られる、恥をかくのなら、無難なあいさつをしよう、このような恐怖感が日本人にはあると記事は伝えています。

確かに、学校では何か間違えると、友達に笑われたり、先生に怒られたり、ネガティブな体験をすると思います。

たしかに、怒られたり恥をかくのは誰だって嫌な経験ですよね。

打率3割の話
ミスは嫌、失敗は怖い。

確かに、失敗する可能性があることを避けることで、大きなミスを防ぐことができます。

でも、ミスを怖がって行動が萎縮してしまうと、そこから建設的な結果は生まれません。

英語も同じです。

英語を話せるようになるためには話す練習が必要で、当然、上達するまでに、何度も失敗することになると思います。

ときに、「ヘンテコな英語」を話して、周りから笑われてしまう不安を感じてしまうかもしれません。

が、実際のところ、ネイティブは「ヘンテコな英語」を話しても誰も気にしません。

イギリス人(階級・社会的地位が高い人)は英語のアクセントで人の社会的地位を推測して距離をとってきますが、あくまで例外です。

私の英語の先生で、アメリカ人の先生がいました。その先生(R先生としておきます)は大学の日米文化論の先生で、かなりの強面です。

授業スタイルがとても厳しい先生として有名でしたが、英語学習のためになることを教えてくださいました。

「野球の打者は、3割打てば、つまり10回中3回当たれば成功だ、英語も同じだ。ミスをしてもいい。ともかくバッドを振ること。失敗してもいい。何もしないよりはましだ。」

つまり、ともかく話してみること、試してみることの大切さです。

R先生の授業では、意見を求められたとき、黙っていると怒られます。「ミスしてもいいから、自分が思うことを英語で話してみろ!」という考え方です。

「まずやってみる」ことの大切さ
私達日本人にとっては、人前で文法ミスや間違ったことを言うのは恐怖ですが、英会話ではその恐れは不要かもしれません。

というのは、実際、ネイティブの人と英会話をすれば分かりますが、相手はこちらの文法ミスなどほとんど気にしません。

むしろ、正しい英語を話そうとモジモジ、黙っている方が相手をムッとさせます。それより、英文法が多少間違えていようが、どんどん話した方がネイティブも嬉しいと思います。

一般的に、私たち日本人は完全主義的な傾向が強いところがあります。

なので、「多少間違えてもいいや」くらい、リラックスした方がかえってよい結果を生むのではないでしょうか。いつも努力をして肩肘を張っている方ならなおさらです。

打率は3割、それだけできれば十分。そのうち、4割・5割とアップしていきます。「ミスは当然!」と思うくらい、アバウトになってみませんか?

英語の学習は強制されるものではありません。もし間違えたら、正しい方法を覚えればよいだけです。勉強するのは、他ならぬあなたなのですから。

「英語を話せるようになりたい!」と思ったらこの独学用英会話教材に注目

関連記事
英会話のトレーニングは7割主義で
スピーキング、「〜ねばならない」思考は捨てる
アクセント、上達はコピーから

<<English 一息コラムへ

スポンサードリンク