ホーム > 勉強のコツ > 英語雑誌の定期購読について

毎月新鮮な英語に触れられる雑誌の定期購読。そのメリットと注意点など


英語の雑誌

毎月様々な英語に触れることができる月刊誌の定期購読。日本では、イングリッシュジャーナルやニューズウィークなど、様々な月刊誌が発行されています。

毎刊様々な記事が紹介されているので、英語の多読学習や、付属のCDを使ったディクテーションシャドウイングなど、いろいろな方法で学習を行うことができます。

このページでは、英語雑誌の定期購読を利用するときのメリット、デメリットをまとめています。

キーワードは最新・広い・読みやすい
英語月刊誌を定期購読することのメリットとして、

・最新の英語情報に触れることができる
・いろいろな分野の英文を読むことができる
・企画がおもしろいので、手軽に読むことができる

などがあります。例えば、ニューズウィークの場合、少し文章が硬いですが、経済をはじめ、科学、芸術、スポーツ、ファッションまで、幅広い分野の最新情報を英文で読むことができます。

特に、ニューズウィークの場合、幅広い英文を読むことになるので、TOEIC対策としても有効です。教養も身につくので一石二鳥です。

次に、イングリッシュジャーナルのような読みやすい月刊誌の場合、企画がおもしろく、読みやすいことが特徴です。ハリウッドの有名人インタビューや、TOEIC対策など、読みやすい工夫が徹底されています。

ある程度の単語力があって、英文を読みなれているのなら、こうした月刊誌の定期購読はとてもよい学習だと思います。

特に、The Japan Times Weeklyのように、時事的な話題の英文が読めるものを購読する場合、TOEIC・英検のリーディング対策にも効果的です。

デメリットも考慮する
一方、定期購読にはデメリットもあります。1ヶ月単位なら小さな金額ですが、1年定期購読をすると、それなりにお金が必要です。

ニューズウィークの場合、1冊あたり300円ほどですが、1年間定期購読する場合15,860円(52冊)、お金が必要です。1年分の教材費として考えると、そこそこの値段になります

次に、物理的なデメリットです。定期購読の場合、毎月雑誌が送られてきます。当然、放置しておくと、部屋がかさばり、しまう場所に困ります。

物を気にせず整理整頓できる方は大丈夫ですが、つい物をため込んでしまう方、掃除・整理整頓が苦手な方の場合、雑誌の置き場に困ってきます。

逆に、毎月読んだ後すぐに捨てられる方の場合は問題ありません。どうしても「残しておきたい!」という場合、気に入った英文、何度も読みたいと思うページだけ破って、クリアファイルに保存する方法もあります。出来るだけかさばらないよう、注意しましょう。

こういう方に
最後に、定期購読で英文を読む前提条件があります。それは、そこそこの英語力があるということ。

雑誌の教材を有効活用するためには、少なくとも、高校2〜3年レベルの英文を読めるスキルは欲しいところです。

ニューズウィーク等を読むと分かりますが、すごい分量があり、熟読する英文というよりは、素早く読んで、読み捨てるような内容です。つまり、英語月刊誌は初心者向けの基礎学習教材ではないのです。

どちらかというと、多読向けで、ある程度英語ができる経験者向けのレベルだと思います。この意味で、初心者の方の場合、定期購読での英会話学習は向いていないかも。

定期購読を検討する場合は、一度書店に足を運び、読んでみましょう。

・アルクの『English Journal』
・『ジャパンタイムズウィークリー』

なら、どの書店でも置いてあると思います。

政治経済からスポーツ、エンタティメントまで幅広い英文をタイムリーに読めるものがおすすめです。

オススメの英語月刊誌はこちら

次のページへ
インターネットで英語を学ぶ

関連記事
なぜリーディングが大切なのか
実力が伸びるテキストの選び方

<<英語&英会話の学習法一覧へ

スポンサードリンク