ホーム > 勉強のコツ > 英語を勉強したら記録をつける

モチベーションを保つ秘訣は勉強をしたことを記録しておくこと


記録をつける

「最初は頑張っていたんだけど、だんだんやる気が・・・。いつの間にか勉強するのが面倒くさくなってきて、購入した英会話教材も、使わなくなってしまった。」

このような経験はないでしょうか?

英語はコツコツと続けることが大切。そのためには、日々のモチベーション管理と、勉強の品質品質管理が重要です。

そこでオススメなのが、英語を勉強した後、ノートに記録をつけること。

スポンサードリンク


記録をつける理由
なぜ記録をつけるかというと、理由は2つあります。

1つは、自分の学習の質を確認できること。

ノートに、何を・どれだけ勉強したのかを記録することで、学習内容を客観的にチェックすることができます。

もう1つは、モチベーション維持のためです。

英語の上達には継続的な学習が欠かせませんが、勉強を続けることが大変。仕事だったり、いろんな事情でスムーズに学習が進まないことがあります。

また、「勉強してるのに伸びない」というときも。このようなスランプ期や、やる気がおきないとき、自分が勉強してきた記録を見直すことで、客観的に努力の軌跡を確認できます。

自分がどれくらい頑張ってきたのか、その努力を振り返ることができるので、心が折れそうなときのお守りになります。

英語のトレーニングは筋トレと同じもの

最初は思うような結果がでないかもしれませんが、続けていれば、それはいつか、目に見える結果に変わっていきます。

記録の形式は分かりやすさ重視で
記録をつけるときは、何を・どれだけ勉強したのか、客観的に分かるように書いておくことがポイントです。私の場合は、ノートを用意してこのように書いています。

2/9(水)
・英語達人読本 P28を音読
・速読英単語 P200を音読&単語の意味を確認
・速読即腸・英単語P26〜29
・AWAKENING THE HEROES WITHIN P84〜89をリーディング

形式は気にせず、「何を勉強したのか」が具体的に分かればOK。勉強時間を書いておいてもかまいせんが、勉強時間よりも質が大切です。

1ヶ月おきに記録を読み返して、

・学習が続いているか?
・ペース(進度)は?

など、改善点を考えます。そして、どうしたらもっと効率的に取り組めるのかを、自分の生活環境にあわせて考えます。

問題点があれば、それをそのままにせず、よりよい方法に変えていきます。こうすることで、自分なりの濃い学習が出来るようになります。

英語は長距離マラソン。やる気を維持して、コツコツ取り組むことが大切です。英会話教材を使うときの学習記録の記入法はこちら

次のページへ
英単語の詰め込みはデメリットが大きい!?英単語の丸暗記の注意点

関連記事
英語という投資
学習につまずいたときは
スランプを乗り越える

<<英語&英会話の学習法一覧へ

スポンサードリンク