ホーム > 英会話スクール > 児童英語教室

「子どもを英語で挫折させたくない!」と思ったら注目したい英会話教室


授業を受ける子ども

小学校からの英語が正式な教科化が決まり、子ども向けの英語教育の関心が高まっています。

小学3年時から英語を必修化になり、高学年の英語は、授業を英語専門の教員が担当、中学校の英語を一部前倒しし、初歩的な読み書きを勉強することになります。

そのため、小学校高学年の子どもに英語を習わせる場合は、体験的で楽しさを重視した英会話レッスンだけでなく、英語の「読み」「書き」を重視したレッスンが必要となってきます

そこでこのページでは、

「小学校の英語に対応できるよう、子どもを英会話教室に通わせたい。」
「子どもに小学校、中学校の授業でも役に立つような英語のレッスンを受けさせたい。」

というときにチェックしておきたい、有名な子ども英会話教室を調べてみました。

スポンサードリンク


注目はこちら
・ペッピーキッズクラブ
1歳〜小学校、中学、高校と年齢に応じたベストなレッスンを受けられ英語専用の教室。

小学校の低学年では、音声を中心とした簡単な英会話を、高学年では、簡単な文章の書き取りを覚えるレッスンを受けることができます

教材費などの費用はかかりますが、レッスン参加者の口コミが良いようで、楽しそうに英会話レッスンに参加されるお子さんが多いようです。

・こども英会話専門校 アミティー
「読む」「書く」「聴く」「話す」の四技能を伸ばすレッスンが特徴の本格的な子ども英会話教室。

会話だけでなく、英語の読み書きも重視したカリキュラムなので、小学校や中学校の英語の授業にも対応することができます。

注意点ですが、こちらの英会話教室は勧誘のトラブルがネットで確認できるので、興味がある方は、事前にスクールに、きちんとそのような問題がないか、確認しておくことをオススメします。

カリキュラム等を確認しましたが、内容は良さそうなので、勧誘の問題が気になりますね。

子ども向け英会話教室に通うメリット
・子どもに基本的な英語を覚えさせることができる。
・子どものときから英語を習わせることで、正しい発音が身につきやすくなる。
・英語を習うことで、学校の英語授業の抵抗感を減らし、余裕を持って授業が受けられる。

ポイント子供がみるみる英語を話すようになる?七田式 英会話教材 7+BILINGUAL

関連記事
もしも、子どもが「私は日本人だから英語は勉強しなくていい」と言ってきたら
ついに英語が小学校の正式な教科に。授業は小3から開始
子ども英会話専門校 アミティーについて

<<英会話スクールのコンテンツ一覧へ

スポンサードリンク