ホーム > リスニング学習法 > なぜナチュラルスピードが効果的なのか?

英語耳を育てるにはネイティブのナチュラルスピードが効く?


CDを聴く女性英語を自然に聴きとれるようになるにはどうすればいいか?

一般的には、

英語のリスニング力アップのためにナチュラルスピードの英語を聴くのが効果的と言われています。

ナチュラルスピードとはネイティブが普段話すのと同じスピードの英語です。かなり速いスピードが特徴です。

「早い英語を聞いても理解できなければ意味ないんじゃない?」と感じますが、なぜナチュラルスピードのリスニングがよいのでしょうか?

それにはこんな事情があります。

スポンサードリンク


「会話が聞き取れない!」という体験から
「英語を毎日聞いているけど、いざネイティブと英会話すると全然聞き取れない・・・」

学習者にはよくある話で、おそらく、海外に行くと、一度はこのような体験をすると思います。私自身も経験があります。

海外に行く前は、普段英語を毎日欠かさず聞いていて、ある程度の自信を持っていました。しかし、いざ海外に行った時、自分の英会話の使えなさに愕然としました。

その体験は2001年、イギリスに行ったときのこと。

ヒースロー空港のショップで飲み物を買おうとしたときのことです。商品を見せて、お金を払ったのですが、店員さんが何か早口で言っています。

ところが、何を言っているのか全く分かりません。英語が速いし、あせってくるし、しどろもどろです。

偶然その場にいた日本人の方に助けていただきましたが、このときは本当に自分の英語力への自信が、木っ端微塵に吹き飛びました。

「日本でそれなりに英語を勉強してきたつもりだ。でも、海外に行ったら、本場の英語が聞き取れない・・・。」

どうやら、こうした経験は私だけではないようです。

他の英語学習者の方に聞くと、みなさんも私と同じ「聞き取れない」体験をしているようです。彼らは不真面目なわけではありません。

むしろ努力家で、定期的にリスニングして、英語に慣れている人たちです

では、なぜ普段から努力しているのに、ネイティブと会話をすると急に英語が聞き取れなくなるのでしょうか?

この原因の1つは、日本人向けにアレンジされた英語を聞いているからかもしれません。

優しい英語は効果が低い?
普段日本人向けにアレンジされた英語を聞いている方は、初めてネイティブのナチュラル英語に触れたとき、違いに驚くかもしれません。

例えば、単語の発音。appleという単語。

日本式英語ではアップルになりますが、実際、ネイティブの発音を聴くと全然違います。アップルのプが人によっては「ポ」に聞こえるかもしれません。

こうして英語をカタカナに当てはめるのもムリがあるのですが、日本人向けにアレンジされた「分かりやすい英語」は、実際の英会話で役に立たない可能性が高いのもムリがありません。

単語の発音に加えて、話すスピードにも驚きます。現地のネイティブの方はマシンガンのようにガンガン話していきます。

こちらの英語力は全く気にしてくれません!会話のスピードが尋常ではないのです。ともかく早いの一言です。

英会話スクールでは、日本人にあわせた英語を話してくれるネイティブの先生がいます。聞き取りやすいし、話しやすいので、一概によい・わるいは言えないのが難しいところです。

ただ、このような日本人向けの英語ばかりに安住していると、イザ海外に行ったとき、「英語が全然聞き取れない!」という体験をする確率が高くなるかもしれません。

そこで、「リスニングはナチュラルスピードの英語が効果的」と言われるのも、十分納得できます。

日本人向けの優しい英語で後々聞き取りに苦労するよりも、最初からナチュラルスピードの洗礼を浴びた方が、長い目でみれば効果的だからです。

日本人向けの英語を当たり前だと思ってしまうと、後々私が経験したようなショックを受けることになるかもしれません。

そこで、最初から「これくらいの速さが自然なんだ」と意識しておけば、後は慣れの問題です。

英語が苦手な方は
ただ、初心者の方に「ナチュラルスピードでリスニングがいいよ」と確信をもっておすすめできないのが難しいところです。

というのは、あまりの英語の速さにイヤになってしまう人もいると思うからです。

「もう聞くのもイヤだ!」となっては仕方ないので、それならまず聞き取りやすい教材で英語に慣れたほうがいいと思うからです。

「英語が苦手で・・・」というような方には、スピークナチュラルのようなスロースピードの英語が流れる英会話教材の方が、長い目で見ればよい場合もあるかもしれません。

「英語が聞き取れた!」という体験を積むことで、それが自信になっていきますので、英語に慣れないうちは、ゆっくりリスニングトレーニングを積んでいけばいいと思います。

ナチュラルスピードの英語でのトレーニングは、

・ある程度英語経験のある方
・短期的に英語力を伸ばしたい初心者の方
・根気を持ってリスニングする意欲がある方

という方のみ、ナチュラルスピードでリスニングトレーニングに挑戦してみるとよいかもしれません。

私が使った英会話教材で、1000時間ヒアリングマラソンという商品があります。

収録されている英語は典型的なナチュラルスピードです。この講座を受講してからしばらくは、教材の英語の速さに耳がついていけません。

しかし、「そのうち慣れるさ」と割り切っていけば、不思議なもので、自然に耳が慣れてきます。全然聞き取れなかったフレーズが、あるとき「ピン!」と来るようになります。

このヒラメキというか、レベルアップは、ナチュラルスピードならではの効能かもしれません。

リスニング教材を色々試した実感ですが、

「ある程度英語に取り組んできた方なら、ゆっくりで分かりやすい英語を聞くより、ナチュラルスピードでリスニングする方が上達は早い。」

というのが私の実感です。

必ずしも「リスニングはナチュラルスピードがいい!」と初心者の方におすすめはできませんが、

・もともと英語はある程度得意だ。
・何時間でも英語を頑張るやる気がある。
・短期集中、ガンガン実力を磨きたい。

という方には、価値がある学習になると思います。

注意点など
ただ、英語が苦手な方、初級者の方の場合、速すぎるスピードの英語を聞くことはストレスになり、学習がイヤになってしまうリスクもあります。

英語が苦手な方は、最初のうちは簡単な英語、スロースピードの教材でトレーニングすることもOK。

「英語が聞き取れた!」という体験を積むことで、それが自信になっていきます。

注目
英語が苦手。そんなときはこの英会話教材でリスニング力を育てる!

関連情報
英文を見ながらヒアリングする
聞き取れない原因をクリアする

<<英語のリスニング学習法に戻る

スポンサードリンク