ホーム > リスニング学習法 > 短期間で英語のヒアリング力を伸ばす方法

結果を出すには大量の量から - 質を高めるためにはまず量をこなす


英語を聴くカワイコちゃん

英語のヒアリング力を伸ばす学習法です。
目標はまず1日3時間。それを1ヶ月挑戦する方法です。

量が質に変化する
「英語が聞き取れない・・・」

この悩みを解決するにはどうすればいいか?

一番確実な方法は、淡々と量をこなすこと。結果を出すためには理屈は最低限、ともかく英語に取り組むことです。

スポーツや芸術などの分野で結果を出す人には、ある一定の法則があると言われています。

それは、「一流になるためには1万時間の練習量が必要だ」という10000時間の法則です。

1万時間頑張ったからといって、誰もが一流になれるわけではないのかもしれませんが、1つ大切なことがあります。

それは、「高いのレベルの技術を習得するためにはたくさんの練習量が必要」ということです。

上達のために量をこなす、これは英語も同じです。

上達のためのノウハウを知ることも大切ですが、英語に取り組まなければ意味がありません。そして、取り組んだことは、必ず結果につながっていきます。

最初は効率が悪く、英語をヒアリングしても、サッパリ聞き取れないかもしれません。

しかし、不思議なもので、毎日長時間英語を聞いていると、「あれ?分かるぞ!」という瞬間が訪れます。量が質に変化する瞬間です。

できる人は量をこなしている
仕事で英語を使っている人は大量の英語に触れています。

その量は一般の学習者とは比べ物になりません。それだけ英語漬けだからこそ、仕事で使える能力になるのです。

原書をスラスラ読める人は1年で50冊〜100冊の原書を読んでいるでしょう。

CBCやBBCのニュース英語が理解できる人は、1日何時間も英語を聞いているでしょう。

できる人は必ずと言っていいほどたくさん英語に触れています。シンプルですが、ここに上達の秘訣があります。

1ヶ月で約100時間を目標に
英語を聞き取れるようになるにはどうすればいいか?

答えはシンプル。量をこなせばいいのです。
まずは100時間英語漬けになる方法がオススメです。

1日3時間×30日=1ヶ月約100時間

1日3時間なら、1ヶ月ほどで達成できる数字です。

英語業界では1000時間の法則といって、1000時間が上達の1つの目安となる時間になっています。

ただ、私個人の感想ですが、100時間やればある程度力がつきます。

「英語だけに時間を使うわけには行かない!」という方は、まず100時間トライして、判断すればいいと思います。

100時間なら1日3時間を目安にトライ、忙しい方でも朝と昼、夜、それぞれ1時間ずつ時間を作ることができます。

もちろん、英語を漠然と聞き流したり、集中せずにながら学習をしても、効果は薄いでしょう。真剣に英語を聞き、ヒアリングをおこなってこそ、意味があります。

毎日リスニング教材を聞いていれば、必ず変化を実感できます。その積み重ねが、やがて大きな結果につながるのです。

正直、1日3時間は大変ですが、やればやるほど英語は身につきます。

本腰で英語に取り組みたい方、短期間で実力をつけたい方は、集中的に英語漬けになってみてはいかがでしょうか。

若葉マーク「英語をもっと聴きとれるようになりたい!」と思ったら注目したい英会話教材まとめ

関連情報
なぜナチュラルスピードが効果的なのか?

<<英語のリスニング学習法に戻る

スポンサードリンク