ホーム > リスニング学習法 > 英語のリズムを意識する

英語にはリズムに慣れるとリスニング力は大きく伸びる


リズム

なぜ英語を聞き取ることができないのか?

英語には独特のリズムがあります。日本語と違って、英語は発音だけでなく、音の強弱、アクセントなど、あらゆる面で日本語とは別の言葉です。

英語を理屈だけで理解することは難しく、聞き取りがきちんとできるかどうかは、英語独特のリズムになれているかどうかが重要になります。

では、どうすれば英語のリズムに慣れることができるでしょうか?

一番の近道は、やはり量です。大量の英語を聞いて、音の強弱、単語同士の音のつながりを、自分の耳で確認していくことです。

特に重要なのが、分からないことをそのままにしないということです。

英会話教材などでヒアリングトレーニングをしていていると、どうしても聞き取れない部分が出てきます。

その際、「まぁいいや」と放置するのではなく、何度も英語を繰り返し聞いてみます。地道で面倒くさいですが、地味にコレがリスニング力アップに効いてきます。

もちろん、100%全て理解する必要はありませんが、ある程度分からないところは、集中リスニングで繰り返し英語を聞きます。

これをしているうちに、英語のリズム感、単語の音のつながり、アクセントなど、英語独特のリズムが体に染みこんでいきます。

私の場合、普段は英会話教材のCDを使って英語を聞いているのですが、どうしても「今日は集中できない」というときがあります。

そういう時は、洋楽を聞いて英語を楽しんでいます

歌なら、気軽に口ずさんで楽しめますし、何より英語のリズム感をダイレクトに味わうことができます。

例えば、クイーンというバンドの「We Will Rock You」という曲。

歌詞が少し難しいですが、リズムがシンプルなので、英語独特のリズムを感じるにはピッタリ。


再生すると音が出ます

飽きたとき、気分転換したいときは、リズム感のある洋楽を聞くのもいいと思います。

歌詞を見て韻を意識する
英語の歌の歌詞をじっくり見ると、韻を踏んでいる歌詞がけっこうあります。

例えばエアロスミスのヒット曲「I Don't Wanna Miss a Thing」。


再生すると音が出ます

I could stay awake just to hear you breathing
Watch you smile while you are sleeping
While you far away and dreaming
I could spend my life in this sweet surrender
I could stay lost in this moment forever

こちらは頭の歌詞ですが、ごらんのように、1行目から3行目までing、4行目と5行目がerで、それぞれ韻を踏んでいます。

この韻で歌詞がリズムカルになっています。日本語のリズムとは違うものの、英語の韻を踏んでいる歌詞はとても聴き心地が良くなります。

上手く韻を踏んでいる歌は、英語のリズムを身につけるための良い教材になります。お気に入りの歌を探して、練習してみるとよいかもしれません。

音楽が好きな方、歌うのが好きな方なら、歌詞を覚えて英語の歌を歌うのもOK。

リズムを意識することで、自然と英語独特のリズム感が身についていきます。

最後に
以上が英語を聞き取る上で大切なコツになります。

英語は聞けば聞くほど、そこに音楽的というか、独特のリズムがあることに気がつきます。

それは慣れのようなもので、毎日英語に触れてリズムを意識するうち、音の強弱、流れが聞き取れるようになってきます。

「英語の聞き取りが苦手。簡単な英語でも、思うように聞き取れない。」

という方は、参考にしてみてくださいね。

若葉マーク「英語をもっと聞き取れるようになりたい」と思ったら参考にしておきたい英会話教材

関連情報
CDタイプの英語教材のメリット
1,000時間ヒアリングマラソン

<<英語のリスニング学習法に戻る

スポンサードリンク