ホーム > よくある悩み相談室 > 英語が上達しない/結果が出ない

ポイントは、量が質に変わるときまで、やり続けること


メモ

いかにモチベーションを保って英語を続けていくか。

英会話ビギナーズWEBでは、ここに重点を置いてコンテンツを作成しています。「英語は結局続けたもの勝ち」だからです。

本気で英語に取り組んだ人が経験するのが、いわゆるスランプ

「忙しい合間をぬって英語を勉強しているけど、一向に英語が上達しない・・・。もしかしたしたら時間の無駄?」
「何で頑張ってるのに全然実力が上がらないんだろう?」

あなたも、もしかしたらこのような悩みを経験した一人かもしれません。

英語は、やった分だけ力がつきますが、その効果は右肩上がりには出ません。

時間と量をかけただけ、伸びていくと思われがちですが、英語は違います。カーブを描くように実力が伸びていきます。

このようなイメージです。
成長曲線のイメージ

ある時期までは低成長、頑張ってもあまり効果を実感することができません。

しかし、ある時期(ブレイクポイント)を超えると、メキメキと今までの頑張りが結果になってきます。このとき、「一皮むけたな」と分かります。

それからも、このような上がったり下がったりしながら、実力がアップしていきます。

「英語が上達しない・・・」
「結果がでない・・・」

という場合、ブレイクポイントに到達するまで、英語を続けることが大切です。

どれくらい頑張ればいいか?

まず1000時間を目指すのがオススメ。本格的に英語を習得したい方は、もっと多くの時間が必要ですが、勉強量と質、時間を目安にするなら、これくらいがちょうどいいと思います。

ゆっくり取り組むなら1日1時間、数年を目標に。もっと短期で結果を出したいなら、1日最低3時間を目安にトライします。

英語ノートを用意して、

・何を勉強したか
・所要時間
・反省点

をメモし、記録をつけます

1ヶ月、そして3ヶ月と、時間が経てば経つほど、そのノートの記録は価値のあるものになっていくことでしょう。

結果が出ないとき、思うようにならないときは、何かとネガティブになりがち。そういうときほど、数字と事実に目を向けることが大切です。

ノートで記録をつけておけば、「自分はこんなに頑張ったんだ・・・」という事実を思い出すことができます。スランプのときの心強い味方になります。

後は、日々コツコツ&淡々と、やるべきことをやっていけばよいのです。やがて勉強量は質に転化し、頑張りがカタチになる日が来ることでしょう。

勉強時間はあくまで目安です。学習内容の質が大切です。

これなら安心!初心者の方にオススメの英会話教材まとめ

関連記事
投資としてのEnglish

<<英会話学習 よくある悩み相談室一覧へ

スポンサードリンク