ホーム > よくある悩み相談室 > 英語が話せない

「英語を話せるようにならない・・・」と悩んだら、まずこの原因を解決!


「Oh,no!」と表現する美女

「英語が思うように話せない・・・」
「口から言葉が出てこない・・・」
「どうして、こんな簡単な表現が英会話では言えないんだろう?」

勉強しているのに英語が話せない。英会話学習者が経験する悩みです。

英語が話せない原因は、大きく分けて次の2つあります。

1つは単純な基礎力の不足、もう1つは英会話の実践的なトレーニング不足です。

それぞれ詳細を見ていきます。

スポンサードリンク


ケース1
ネイティブの話していることが分からない。どう返していいのかも分からない。

→基礎的な学習不足。

英会話は、英語でコミュニケーションをとること。そのためには、ネイティブの話す英語を聴きとって理解すること+それに対して英語で反応することが必要です。

ネイティブが話す英語の意味が分からない場合は、もっと英単語を覚えたり、テープを聞いて、英語を自分のなかに染み込ませる必要があります。最優先課題は、勉強量を増やすことです。

ケース2
ネイティブとの話していることは大体分かるが、いざ自分で話そうとすると英語が口から出てこない。

→話す練習量不足。英語経験のある日本人学習者が悩むケース

私達日本人は、英語の読み書きについては、よく訓練を受けています。

しかし、英語を話すこと、聞き取ることについては、読み書きほどトレーニングを受けていません。これが、私達日本人の英語学習者が、「英語を話せない・・・」と悩む原因になっています。

実際問題、私達が普段英語を話す機会や、話す練習をする機会は、ほとんど(実際には全く)ありません。

英会話スクールに通っていたり、職場でネイティブと会話をしていれば別ですが、今の日本では、日常的に英語を使う場面がほとんどありません

「普段英語を話さない+使う機会がない」というならなおさら。英語を話せないのも自然な話です。

では、この問題を解決するためにはどうすればいいのか?

英語を話せるようになるためには、英語を話すトレーニングが必要不可欠。

・普段の勉強で、意識して英語を口にする。
・初心者の方なら初級用の英会話特教材でシンプルフレーズを覚えていく。
英会話のレッスンを受け、英語を話す機会を意識的に作る。

など、自分に合った方法を試して、英語を話す、使う機会を増やすことが一番かもしれません。

初心者の方におすすめ、意識しておきたい英会話の練習法
英語で思ったことを表現できる。その瞬間は、英会話を勉強していて、もっとも「楽しい!」と実感できる瞬間ではないでしょうか。

とはいえ、英語を話すことは、慣れないうちはなかなか難しいもの。自分の頭で英文を考えだすとなると、慣れるまでは一苦労かもしれません。

とはいえ、練習法を工夫することで、日常で使う簡単な英語なら、比較的スムーズに身につけることができます。

英語を話すためにおすすめの練習法が、定型文を覚えて、英会話をパターン化する方法です。簡単に言えば、場面と英語をセットで覚えることです。

日常の会話ではあいさつはもちろん、相手の話をより理解するための疑問文を覚えたり、自分の考えを伝えるときの英語表現を覚えたり、「この場面ではこういう英語を話す」という練習をします。

こうすることで、シンプルな日常英会話レベルのフレーズなら、比較的スムーズに身につけることができます。

初心者の方は、まず簡単な場面別の英語を覚えて、すぐに使えるように練習しておくと良いかも。

「英語歴がある、しかし話せない」という場合は
「英語の聞き取りはできるし、英文も読めるほうだ。でも自分が英語を話すとなると、とたんに頭がフリーズしてしまう・・・。」

このように悩む方は意外に多いと思います。

このような場合は、単純にスピーキングの練習が足りないのが主な原因です。

私も同じ悩みを持っていたのですが、職場で仲良くなったイギリスの方と週3で会話をしているうち(仕事の休憩時間中、しょっちゅう会話していました)、徐々に言いたいことが英語で言えるようになりました。

なので、英語慣れしているのに話せないのは、やはり英語を話した量の問題だと思います。

英語を話す練習を増やすのが、英語を話せるようになるために必要なことだと思います。

そのための方法はいろいろあると思います。

英会話スクールに通ったり、時間に余裕があれば、海外旅行に行き、英語を話す体験を積むとよいかも。

最初は上手く話せないかもしれませんが、それまでにしっかり英語を勉強してきているなら大丈夫。練習を積んでいけば、きちんと話せるようになります。

実際、自分の英語がスムーズに通じて、ネイティブと会話が成立すると、結構楽しいものです。

「時間的に海外旅行はムリ!」

という場合は、音読中心の学習をしつつ、格安のオンライン英会話で数をこなすか、スピーキングトレーニングができる英会話教材で、英語を話すトレーニングをこなすとよいでしょう。

英語慣れしている場合、問題は「英語を話した量」が一番のポイントになります。

「英語は読めるし、聞きとれる。でも、話すとなると全然ダメ・・・」

という方は、参考になれば幸いです。

若葉マーク【初心者の方向け】英語が話せないと悩んだら注目したい英会話教材

関連記事
英語を話せるようになるために知っておきたいこと

<<英会話学習 よくある悩み相談室一覧へ

スポンサードリンク