ホーム > 英会話教材 > ネットラーニング

ネットで始める英語資格対策【ネットラーニング通信講座】


講座名
(リンク先は公式HP)
弱点が一目でわかるTOEIC(R)テスト対策
対象 初心者〜
販売価格 12,000円〜29,400円
内容 ・ネットを使ったEラーニング
・講座はTOEIC対策中心
・コースによって担任制も


講座の内容
インターネットで学ぶTOEIC対策。実力養成のための基礎コースから、直前対策、総合対策とコースが充実。目標のスコアにあわせて選定が可能。

TOEIC(R)対策シリーズについて
インターネットを使ったネットラーニングTOEIC対策コースです。実力を判定し、それにあわせたコースでスコアアップを狙います。

ネットの利点を活かした「どこでも・いつでも」の自由な学習スタイルに加え、学習時間は1日たった20分だけで完了という、忙しい方に嬉しいコースになっています。

苦手をつぶしスコアを底上げ
TOEICのような受験型テストの場合、試験の問題がある程度パターン化されています。ところが、このパターンを上手く飲み込めないと、何度も同じような問題でミス、点を失います。

TOEIC(R)対策シリーズでは、徹底的に点を失う弱点を洗い直します。そして、間違えてしまった練習問題を再度解き直しスコアアップを狙います。自分の間違えがちな問題をとことん見なおすことで、総合的な点数アップが期待できます。

4,340問もの問題を収録、TOEIC体質を作る
ネットラーニングTOEIC対策コースでは、4,340問もの問題を解くことができます。これは、「いわば習うより慣れろ」的な感覚で、問題を解くことで、独自のクセに慣れるためです。

制限時間付きのテストを大量に解くことで、実際のテストをクリアするためのスピードを身に付けることができます。収録されているテストは、ミニ模擬テストから練習、模擬まで、自分の目的にあわせて解くことが可能です。

TOEIC350点くらいの初心者向け
TOEIC対策をする場合、勉強の仕方いくつかあると思います。 経験者、上級者の場合、自分でテキストを買って、苦手分野を把握し、自分で個別に対策を立てることができます。

これは、わからない箇所を自分で調べて理解できる英語力があるからです。TOEIC(R)対策シリーズはこのような上級者には向いていません。

その代わり、

・TOEIC対策は何をしたらよいのか?
・どのように勉強すればよいのか?

などが分からない方、しっかりアドバイスを受けたいビギナーの方に向いています。TOEIC(R)対策シリーズを受講すると、学習者1人ひとりにチューターと呼ばれる担任の先生が付き、6ヶ月の受講期間中無制限に質問が可能です。これは、通信学習ならではの魅力でしょう。

こういう方に
「TOEIC(R)対策シリーズ」は文字通り、TOEICでスコアをアップさせたい方におすすめです。受講するとチューターが付くので、分からない点をとことん教えてもらいたい方に便利な内容です。

TOEIC平均点(570点)を超えたい初心者の方
学習でアドバイスを受けたい方
集中的にTOEIC対策したい方

ネットラーニングのポイント
・トーイックを徹底的研究してコースを設定、1日20分だけの集中学習
・自宅でも学校・職場でも、ネットがあればどこでも受講可能
・学習者1人1人に担当講師が!しかも質問は何度でも

情報の詳細は弱点が一目でわかるTOEIC(R)テスト対策 へ。

若葉マークTOEIC対策といえばこちらの講座がオススメ

<<英会話教材へ戻る