ホーム > 学んだことを実践しよう > 日本人同士で英語のスピーキング練習する場合の工夫&注意点

英会話は使って覚える!日本人同士で英語を練習するときに意識したいこと


勉強会

英会話上達に欠かせないのが「英語を話す」というスピーキングトレーニング。何はともあれ、英語を話す機会を持つことが大切です。

では、英語を話す機会を作るにはどうすればいいのでしょうか?

一番簡単な方法は英会話スクールに通い、マンツーマンレッスンなどで英語を話す機会を作ることです。

が、「英会話スクールはちょっと・・・」という方もいらっしゃるかもしれません。

その場合、まずは日本人の英語学習者同士でスピーキング練習をする場を作ります。

やる気のある仲間を選ぶ
一般的に、英語のスピーキング練習は、ネイティブにお願いした方がいいですが、それが難しい場合、日本人同士で練習するのもアリだと思います。

日本人同士で英語を練習する場合、

・参加する全員がある程度勉強している(自分と似たレベルの人か少し上の人)
・全員が英語を話す機会を作る
・4〜5人必要(2人〜3人の場合、会話が続かなくなる場合があります)
やる気のある人だけ誘う

など、いくつか工夫が必要ですが、日本人同士、無料&気軽に英会話の練習をすることが可能です。

また、気の合う英語仲間を見つけることができれば、学習の情報交換の場にもなります。

ネイティブ志向にこだわりがないのなら、英語に興味を持つ友人・知人を誘って、週に1〜2回、スピーキングの機会を作るのも、英会話上達の方法だと思います。

不自然さを失くす
日本人同士で英会話をする場合、ありがちな失敗が「つい日本語を話してしまう」こと。

英語を話すのに、日本語を使ってしまったら、場がしらけて不自然さが出てしまいます。

そこで、グループ内でしっかりとしたルールを作ることが必要になります。

この場合、全員が同意する共通のルールを作ることで、参加者のやる気が高まると思います。

・スピーキング中は日本語を話さない。
・ロールプレイングを取り入れる。
・英会話する話題を決めておく。

など、ルールを作ることで、日本人同士で英語を話す不自然さが和らぐと思います。

基本的に、スピーキングは話して実践を積むことで、次第に上手に口から出てくるようになります。

もちろん、会話の相手が日本人だろうと、ネイティブだろうと、しっかりと英語を話す機会があればスピーキングは上達していきます

定期的にスピーキングをする場を持つことが大切です。

緊張感を演出する
注意したいのは、グループ内のやる気、良い意味での緊張感を絶やさないこと。

毎回英会話するだけでは、次第に単調になってくるので、適度に緊張する場面、いつもとは違う方法でスピーキング練習を取り入れます。

例えば、スピーチ。

話す題材を決めて、グループのメンバー1人1人が、みんなの前でスピーチします。これは意外に緊張して、話す内容もしっかり考えるので、よい勉強になります。

スピーチの内容を、メンバーがそれぞれアドバイス。

・改善点を述べる。
・よかったところを具体的に指摘する。

などを英語で伝えます。

(悪い点は触れません。あくまで良かった点、「○○すればもっとよい」などの建設的な意見に限定します。)

このような工夫をすることで、周りから認められると、「もっと上手く英語を話せるようになりたい!」という欲求も起こりやすいので、英会話へのよい刺激になります。

また、スピーチでも、人によってアプローチが違うので、「こういう英語の話し方があるんだ!」というような新しい見方ができます。

人の良かった話し方、方法をどんどん取り入れることで、自分の英会話に幅が広がります。

これこそ、グループで英語を練習するメリット。

日本人同士でも、上手く工夫すれば、英語を話す良い練習になります。

「英語仲間を作って、日本人同士で英会話を練習したい!」

という方は、参考にしてみてください。

具体的な練習法についてはこちら

注目
これなら英語を話せるようになる!?独学で英会話が学べる優しい教材まとめ

関連記事
まずは英語を話してみること
パターン学習で英会話力を伸ばす
写真で出来るスピーキング学習

<<学んだことを実銭しよう一覧へ