ホーム > 学んだことを実践しよう > パターン学習で日常英会話を習得

英語を話せるようになるためにはパターンを覚えること


会話する男女

初心者の方向けの英会話習得法です。

英語を話せるようになるための練習はいろいろありますが、初心者の方が「英語が話せた!」を実感するために一番簡単な方法が、基礎的な例文を使ったパターン学習です。

英会話は「この場面(シュチエーション)ではこう言う」というパターンを覚えることが重要。

例えば、I have 〜 . という基本フレーズ。中学校の教科書では、たいてい、

I have a pen.

という例文があると思いますが、大切なのは使い方です。a penを違う単語に変えることで無限に使い回しができます。

例えばレストランでは、

I have a beer.
I have a coffee.

というように、例文を応用することができます。

このように、基本的な例文を使うことで、初心者の方でも英会話を楽しむことができるようになります。

ポイント
パターン英会話=「この場面ではこの英文を使う」というルールを覚えること。

スポンサードリンク


基本文で十分
英語が苦手な方、初心者の方は、わざわざ難しい文法書に手を出す必要はないと思います。

身につけたい英語のレベルにもよりますが、日常生活をこなせるくらいなら、基本文を使えれば十分です。

(高度な英語力を身につける場合、難しい英文法の勉強はムダにはなりません。)

「同時通訳者など英語のプロになる!」
「外国の大学に留学して修士、博士号を取得する!」

という場合は、それこそ専門的&継続的な学習が不可欠です。

が、英会話の基本はシンプルな英語。自分で一から英文を考える必要はありません。中学校で習った基本的な例文で十分です。

一番ベストなのは、

チャンクのような短いフレーズ + 基本的な文法理解

でしょう。チャンクを丸暗記するだけでも、ある程度は話せるようになりますが、覚えたものを理解していないと、応用がききません。そこで、最低限の文法理解が大切になります。

難しく考える必要はありません。あくまで中学英語レベルの文法でOKです。具体的な実践としては、基本パターンを徹底すること。

Can I 〜 ? なら、その形で10個英文を作れて話せるくらいまで、徹底して繰り返します。

Can I have your name ?
Can I go ?
Can I take a vacation ?

というように、Can I + 動詞というパターン(形)を理解しておけば、無限に英文が作れます。そして会話の場面ごとにパターンを作ります。

このような基本パターンを身につけ、話す練習をすることで、様々な場面で英語を話せるようになります。難しい知識は日常英会話では不要です。

ある程度例文を脳にストックできたら、場面ごとにパターン化していきましょう。

ポイント2
パターン英会話を身につけるために、基本例文の使い方を覚える。

これから学習する人は
「基本的な日常英会話を習得したい!」という初心者の方や、英語が苦手な方の場合、まず中学校2年くらいまでの基本例文をチェックすることをおすすめします。

理由としては、動詞の使い方、助動詞など、日常英会話で役立つエッセンスが満載だからです。

学習計画・内容としては、

@中学初・中級レベルの長文集を用意
(テキストの選び方はこちらを参照)
A中学レベルの文法問題集
(高校受験用の問題集がおすすめです:問題集の使い方はこちら)

を1日1時間くらいのペースで進めていきます。

大切なのは、文法問題集でチェックした基本例文を長文で確認すること。

そして、長文で出てきた英単語を、その日に覚えた例文と一緒に使ってみること。例えば、こういう感じです。


文法問題集で覚えた基本文:I'd like to 〜
長文で出てきた単語(プラス動詞もストックします):flight、change(動)

→I'd like to change my flight .

という感じです。これは大切なプロセスで、覚えた内容を使うことで、より記憶に残りやすく、忘れにくくなります。このような感じで、

基本例文を覚える + 使ってみる

という勉強を続けていきます。

同時に、自分で英語を発音することも忘れずにします。1日1時間、人によっては30分くらいでできるでしょう。チャンクをひたすら丸暗記していくよりは、長期的にプラスになります。

ある程度基本例文が身についたら(具体的には中学終了レベルまで)、それを場面ごとにスピーキングしてみましょう。

買い物、旅行、食事など、それぞれの場面ごとに覚えた英語をパターン化してみましょう。

「この場面ではこの例文が使えるな」という感じで、ノートに書いておくとよいでしょう。

特に大切なのは、覚えた例文をどの場面で使うのかを意識すること。会話で使うことが目的なので、あくまで実用性を大切にします。

これをコツコツ半年くらい続けていれば、ある程度応用がきくようになると思います。

「英会話を話せるようになりたい!」という方は、ぜひ基本例文のストック + パターン学習を試してみてくださいね。

若葉マーク「簡単な英語を話せるようになりたい!」と思ったら注目したい英会話教材

このページも読まれています
英語の例文、構文の暗記は英会話の役に立ちますか?
日常英会話のためにどのくらい英文法が必要ですか?
パターンプラクティスとは

<<学んだことを実銭しよう一覧へ

スポンサードリンク