ホーム > 入門講座 > 英会話を始めるならここに注意。失敗の原因になる5つのこと

「途中リタイア」を予防。英語で挫折しないために知っておきたいこと


ダメだしする男

「仕事で英語が・・・」
「英会話が出来れば、人生楽しくなるだろうな・・・」

英語の学習に取り組む理由は人それぞれですが、「勝ちに不思議の勝ちあり、負けに不思議の負けなし」と言われるように、学習に失敗する原因はある程度パターンがあります。

このページでは、英会話で陥りがちな5つの罠をご紹介。英語ロードを最後まで走り抜けるために知っておきたいことをまとめています。

スポンサードリンク


その1・動機が曖昧
何となく英語を話せるようになりたいなど、漠然とした動機ではモチベーションが上がりません。

なぜわざわざ時間を投資して英語を学ぶのか、英会話ができるようになりたいのか、自分なりのハッキリとした動機を持つことが重要です。

「自分は○○のために英語に取り組んでいる。だから1日これだけ、英会話教材で勉強している。」

このように自分なりの動機を持っている人は強いです。

なぜ英語に取り組むのか、なぜ英会話ができるようになりたいのか、その理由を整理しておきましょう。

関連記事
自助の気持ちで英語に取り組む

その2・教材選びの失敗
教材が自分に合っていない。これは重要な問題かもしれません。

普段使う教材が、自分のレベルより難しすぎても、簡単過ぎても効果が期待できません。

現状のレベルの英語力よりも難しい教材でトレーニングしていると、「分かる」ことよりも、「分からない」ことの方が多くなります。

「やっても分からない」という状態が続くと、人は成長欲求より苦痛の方が大きくなってしまい、それがモチベーションの低下につながります。

逆に、簡単過ぎる内容でのトレーニングは、脳に刺激が加わらず、学習が退屈で、英語力のアップが期待できません。

英語の勉強に使う英会話教材は、「頑張れば理解できそうだ」というくらいのバランスの教材が理想的です。

関連記事
レベルにあわせて英会話教材を選ぶ

その3・英語が続かない。途中でめんどくさくなる
「英語、頑張るか」と思い、英会話学習をスタート。しかし、だんだんとめんどくさくなる。いわゆる三日坊主の問題です。

これは英会話学習に限った話ではありません。何か新しいことを始めようとするときは、習慣付けが必要です。

人は習慣の生き物なので、新しいことを始めるときは、意識してそれをするようにしないと、すぐにやる気がなくなってしまいます。

大切なのは、ほんの少しの意志の力です。面倒臭かろうが、気持ちが乗らなくても、「やってみる」ことが大切です。

時間を決めて机に座り英語のCDを聞く。毎朝の通勤電車で英会話教材を聞く。

ポイントは、「英語の勉強としてこれをする」と自分で決め、毎日それをすることです。そのうち、それが習慣になり、やるのが苦痛でなくなります。

関連記事
勉強を習慣にする

その4・間違った勉強をしている
せっかくやる気を持って英語に取り組んでいるのに、イマイチ効果が出ない。その場合、まずはどのように英語を勉強しているのか、チェックしてみます。

英会話教材を「聞き流す」だけ。ぼっーとテキストを見ているだけetc、脳に汗をかかない「やった気」になるだけの勉強は、あまり効果が期待できません。

英語に取り組む時は、「集中力」が重要です。英語を聞くとき、テキストを使うとき、集中して勉強することが大切です。

「5時間のダラダラ学習」よりも、「30分の集中した学習」の方が効果が期待できます。

そのために、日々何を勉強するか、具体的に考えておくことが大切です。

関連記事
英会話の学習計画は時間で決めない

その5・伸び悩み
「自分には英語はダメかも」とあきらめてしまう。マジメな人ほど、この罠に陥ってしまいます。

確かに、毎日コツコツやっても思うように英語ができるようにならないと、イヤな気持ちになるのは当然のことかもしれません。

しかし、生まれながらの能力があるごく一部の天才をのぞき、多くの日本人は四苦八苦しながら英語に取り組んでいます。

頑張っても思うとおりにいかない。それが自然なのです。きちんとした変化を実感できるようになるまでには、どうしても「時間」が必要です。

海外留学のように、四六時中、1日10時間以上英語に触れられる環境にいる人は、それこそ短期間で英語力のアップが期待できるかもしれません。

しかし、私達普通の日本人にとって、今の日本はおせじにも英語を学ぶ良い環境があるとは言えません。

大半の人は、朝から夜まで学校や会社があり、自分の自由な時間が持てません。

英語の取り組める時間も、せいぜい1日2〜3時間程度。このペースなら、どうしても結果が出るまで時間がかかります。

大切なのは、すぐに結果を求めないことです。あせらず、日々やるべきことを淡々とこなしていけば大丈夫です。

若葉マーク「英語、頑張ってみるか」と思ったら押さえておきたい人気英会話教材

関連情報
結果は後からついてくることを知る

<<英会話入門講座へ

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます