ホーム > リーディング学習法 > 大意把握を意識する

英文の大筋の内容を理解することで読解がラクに


英文読解のコツは、内容の大筋を理解すること。内容が分かれば、リーディングもスムーズに。

何の話かを意識する
リーディングの一番のポイントは、文章を書いた作者の意見を理解することです。

これは、英検TOEICTOEFLなど、あらゆる英語試験で共通するポイント。

極端な話、英文を読んで何の話をしているのかが理解でき、それぞれの段落の内容が分かれば、十分にリーディングできたと言えます。

なぜなら、読むということは、書いている人の考えを理解するコミュニケーションだからです。

細かい点にとらわれない
リーディングをしていると、必ずといってよいほど、見知らぬ単語に出くわします。

これは、出題者が意図的に難しい単語をだしているケースが多く(特に大学受験英語でよくこのケースがあります)、受験生は心理的に動揺してしまいます。

実際、英単語をいくら覚えても、必ず新しい単語に出くわします。ここは素直に割り切ってスルーしましょう。

何よりリーディングで大切なのは、話の流れをしっかり理解するということです。

別に、単語の1つや2つ分からなくても、話の流れさえ分かっていれば、読み飛ばしても、なんらリーディングに支障はありません。

初心者によくあるパターンですが、どうしても単語が気になり、全体の話の流れを見落としがちです。

特に、リーディングに慣れていない場合は、まず話の大まかな内容を理解することを意識しましょう。その後で、意味を確認すればよいでしょう。

作者は何を伝えたいのか、大意をチェック
リーディングは内容の大意把握が大切です。

大まかに、何が書いてあるのか、作者の意見は何か、チェックポイントがあります。初心者はまず、この点を意識しましょう。

リーディングの読み方・内容をつかむコツは下記の通りです。「リーディングが苦手!」という方は、下記の流れを参考に、読んでみて下さい。

リーディング フローチャート
STEP1:何の話か
(歴史?教育?何の分野を話しているのかを理解する)

STEP2:各段落の内容を大まかに理解する
(起承転結を確認)

STEP3:結論を理解する
(「結局何を伝えたいのか?・YES?それともNOを理解する」)

関連情報
実力が伸びる英語のテキストの選び方
読むための英文法
パラグラフごとに理解する

<<英語のリーディング学習法一覧へ

スポンサードリンク