ホーム > リーディング学習法 > 速読・多読・精読を使い分ける

英語は3つの読み方を使い分ける


英文を読む3つのテクニック。
必要に応じて使い分けるとリーディングの世界が変わる!

適度に使い分ける
リーディング学習の基本は、文字を読んで内容を理解すること。そして、文字を読むにも、様々な方法があります。

有名なのが速読・多読・精読、3つのリーディング法です。

速読とは、文字通り、素早く読んで内容を理解するリーディング法です。

短い時間で、大量の情報を処理することができるので、英語学習はもちろん、ビジネスシーンでも有効なスキルです。

次に多読とは、読むことに慣れるためのリーディング法です。

通常、リーディングが苦手な方の場合、本を読む習慣がなかったり、もしくは読書内容が偏っている場合があります。

そこで、多読による幅広い読書をすることで、いろんな語彙を身に付け、結果リーディング能力をアップする読み方です。

最後に、精読とは1つ1つの文章をじっくり読んでいく方法です。

主に、小説や物語を読むときに使うリーディング法です。内容理解に重点を置いた読み方です。

知らない単語や言い回し、イディオムを辞書で調べ、内容を理解していくので、文章の内容を深く理解することができる読み方です。

スポンサードリンク


メリット・デメリットを知る
これら速読・多読・精読、3つの読み方に、「絶対これがいい!」ということはありません。

というのは、それぞれの読み方によって、メリット・デメリットがあるからです。

例えば、速読を使用する場合、短時間で情報を吸収する場合には使えるスキルですが、速さばかり求めると、表面的な理解しかできない場合があります。

恋人からのラブレターを「時間がもったないから」と速読する人はいませんよね

むしろ、相手の気持ち、感情を知ろうと1字1句、時間をかけて、じっくり丁寧にに読みますよね。

多少時間がかかろうと、1つ1つの言葉を、自分なりに解釈して、文字を読むのではないでしょうか。

逆に、会社の定例報告書等、文字がぎっしり詰め込まれた文書を1つ1つ読んでいくのは効率が悪いです。こういう場合は、サッと必要な情報だけパッパッと読めばよいわけです。

このように、読み方には使い方と相性があります。

使い方を間違えると、薬にも毒にもなります。大切なのは、学習内容、読む内容によって3つのリーディング方法を使い分けること。

あなたの読む目的にあわせ、読み方を組み合わせることで、バランスのよいリーディングができるようになります。

速読・多読・精読 メリットとデメリット一覧

方法 速読 多読 精読
用途 ・情報を短時間で得る
・読むスピードを上げる
・読書慣れする
・単語のストックを増やす(語彙力を増やす)
・じっくりと文章を読む
・小説など「味わって」読む
メリット ・短い時間で情報を入手できる
・目的意識を持つことで、情報処理能力がアップする
・活字にたくさん触れるので、単語、語彙力がアップする
・様々な文章を読むことで読解力が上がる
・じっくり読むので、内容を深く理解できる
・読んだ内容について幅広い解釈ができる
デメリット ・内容理解が浅くなりがち
・飛ばし読みなどのクセがつく場合がある
・あれこれ浮気しすぎると内容が身に付かなくなる ・読書量が少なくなりがちになる
・読む量が少ないので語彙力が伸びない


関連情報
精聴と多聴をバランスよく
速読のコツ【テクニック編】
資格試験と長文読解対策

<<英語のリーディング学習法一覧へ

スポンサードリンク