自宅でマイペースに英語が学べる通信講座 - 向いている人と向いていない人について


勉強する美女

場所と時間に縛られず、マイペースに勉強できる英語の通信講座。

・カリキュラムが決められていて、それにあわせて勉強する
・講座の内容が多彩、身につけたいスキルにあわせて英語を勉強できる
サポートがあるので、分からない内容を質問できる(自分が納得するまで学習できる)

など、独自のメリットがあります。

大手でいうとアルクの通信講座(1000時間ヒアリングマラソン英会話コエダスなど)が有名です。

英語上達の手段は1つだけではありません。

市販の本で勉強するスタイルが合う人がいれば、スクールに通って、マンツーマンで勉強するスタイルが似合う人もいます。通信講座を使って、サポートを受けつつマイペースで独学する人もいます。

市販の書籍はどちらかというと、自分でガンガン勉強できる人に向いている方法です。

費用もリーズナブルに済みますが、全ての学習を自分でやる必要があります。

分からないことがあっても、自分で調べて解いていく、そんな自助的な勉強スタイルです。

スクールなどで英語を教わる場合、ミッチリ指導してもらえるというメリットがありますが、時間や場所に拘束されるため、忙しい人には難しいかもしれません。

人に教わる分費用も高くなります

通信講座の場合、

・受講の費用が独学に比べ高額
・独学志向の方、自分で学習計画を立てられる中上級者の方にはムダが多い

というデメリットがありますが、テキストの解説の分かりやすいやカリキュラムの計画性、サポートを受けられるメリットは、通信講座ならではの魅力。

初心者の方でも取り組みやすい内容です。

基本的に、自分のペースで取り組みつつ、サポートも受けられますので、忙しい方でも勉強を続けやすい環境を作ることができます。

通信講座の場合、わざわざ書店に行って参考書を探す必要はありませんし、歴史ある企業ならではのノウハウが詰まったカリキュラムで勉強することができます。

教材の使いやすさも見逃せません。

私の場合、通信講座の教材を試す機会があった(アルクのTOEIC650点突破マラソン)のですが、カリキュラムの内容と、問題の解説の分かりやすさ、テキストの使いやすさは抜群でした。

分からない内容があれば、サポートに連絡すれば大体解決できますので、この辺もマイペースにやれてよいと思います。

もちろん、受講すれば必ず英語が上達する、もしくはTOIECのスコアが上がるということはないかもしれませんが、学習の手間を省いたり、厳選された教材で重要なコンテンツを勉強できる点が魅力的。

特に、「頑張って英語力を伸ばしたいけど、何から始めればいいの?」という方には、便利だと思います。

英語の通信講座が合わない人
・自分なりの学習法がある人
・「英語はこう勉強するべき」という考え方を持っている人

英語の通信講座が合う人
・初心者の方
・やる気があるけど、何を勉強したらいいか分からない人
・質問をしながら勉強したい人

pickup
英語教育の老舗企業、アルクの英語通信講座
英語教育大手、アルクの通信講座。

人気のヒアリングマラソンシリーズから、ビジネス英会話向けのコースまで、幅広いラインナップ&質の高い教材が魅力。

予算や目的、身につけたい英語力にあわせ、自分に合った講座を選ぶことができます。

関連記事
英会話教材の体験談
体験談・口コミをチェックしよう
実力が伸びるテキストの選び方

<<英会話教材を探す前に戻る

スポンサードリンク