ホーム > スピーキング学習法 > ディクテーション

独学でも効果あり?英語の聞き取り力アップがスピーキング力アップになる理由


文字を書く男

独学で英語を話せるようになるためのトレーニング法。英語を聞き取ることは話すことにも効果が!?

ディクテーションで基礎力アップ
ディクテーション(dictation)とは、音読された英文を紙に書く英語学習法です。

「スピーキングと何の関係があるのか?」と思われるかもしれませんが、ディクテーションの練習は、実はスピーキングの練習にもなります。

英語を話せるようになるためには、

1・発音や例文など、英語の知識をインプットする。
2・覚えた英語を使い、アウトプットする。

この2つのステップが基本になります。

(詳しくは英語のスピーキング力アップのためにを参照)

ディクテーションは英語を聞いて紙に書き出す練習。

英語を聞き取り紙に書き出すため、英語をしっかりとインプットすることができます。

ディクテーションを正確に行なうためには、英単語の知識、英語の聞き取り力、様々な力が必要になるため、ディクテーションに取り組むことで、英語を聞き取り、正確に覚える力が備わっていきます。

最後には聞き取った英語を紙に書き出すアウトプットの作業もするため、それがアウトプットの練習にもなります。

そのため、ディクテーションの練習をすることでスピーキングを上達する基礎力が身につくのです。

発音・スペル・文法をとことん学ぶ
とはいえ、実際のディクテーションの練習は、慣れるまで結構大変です。

そこで、ディクテーションのトレーニングに取り組む前に、ある程度英語の基礎力を身につけておくことが大切になります。

そこで、まずは徹底的に英語のアクセント、英単語のスペルを身につけていきます。

英単語を見ただけで、頭の中に発音が浮かんでくるほど、徹底して覚えていきます。

発音が身につけば、スピーキングをするとき、頭にパッと言葉が浮かんでくるので、スムーズに話すことができます。

また、英単語のスペルを正確に覚えて、ディクテーションで英文を紙に書くことで、知識が確かなものになっていきます。

英単語をどんどん覚え、スペルをマスターしていけば、英会話のフレーズも自然に覚えることができ、英会話で役に立ちます。

特に、使い道が幅広い文型や文法を覚えていけば、ナチュラルに重要文を覚えることができます。

しっかり勉強して覚えたことは、無意識のうちに体が覚えていますので、自然に英会話で口に出てきます

ディクテーションは少し努力が要りますが、その分、大きい効果が期待できる学習法です。

スピーキングのためのディクテーション
スピーキングを上達するためのディクテーションをする場合、使う英会話教材を厳選して選ぶことが大切です。

CD付きの英会話教材であることはもちろん、長文を選ぶときは下記のポイントをチェックします。

1・単語の量
2・重要構文・文法
3・英文の質

ディクテーションをする目的は、しっかりとした英文の知識・発音・単語力を身につけること。

つまりスピーキングのための英語基礎力を身につけることです。かんたん過ぎるものを使っても、あまり成長は期待できません。

また、専門的過ぎる内容を勉強するよりは、使い道が幅広い内容を選ぶことで、英会話で使える英語が身に付きます。

次に使い方ですが、ディクテーションをするとき、はじめのうちは1文ごとに一時停止をして聞いたらCDを止めて紙に書く、という感じで大丈夫です。

文章を確認し、不明瞭な点をチェック。必要があれば、間違ったスペルを何度も紙に書き出し、復習します。また、適度に休憩も取ります。

やってみると分かりますが、ディクテーションは集中力が要ります

集中して勉強したことは身に付きやすいので、学習効果はとても高いと思います。

最後に
以上が、独学でもできる、英会話スピーキング力アップのために知っておきたいディクテーション練習です。

この練習は英語を話すための基礎工事のようなもの。

コツコツ、根気よく続けることで、英語を話す基礎力アップが期待できます。

最初はとても難しく感じるかもしれませんが、一人で練習を続けるうちに、どんどん「できる!」が実感できると思います。

ディクテーションは英会話レッスンとは違い、自分一人で取り組むことができます。

「英語を話す」練習となると、英会話レッスンが一番ですが、レッスンに参加して効果的に英語を覚えるにも、独学である程度の英語力を身につけておきたいもの。

英会話レッスンに参加する前、ディクテーションの練習で基礎的な英語力を身につけておけば、「英語が話せる!」に役立つことを実感できると思います。

英語を話せるようになりたい方、独学で英会話に挑戦される方は、参考にしてみてくださいね。

若葉マーク初心者でも安心!「英語を話せるようになりたい」と思ったらこの英会話教材に注目

関連情報
スピーキングのためのテキスト音読法
チャンクで英会話
ディクテーションとは

<<スピーキング学習法のコンテンツ一覧へ

スポンサードリンク