英語のスピーキング、「~ねばならない」思考は捨てる


開放感を表現する美女

完璧主義はスピーキング上達に不要。英語は話すことで上達します。

日本人が英会話に挑戦する場合、完ぺき主義の方が多いせいか、「間違った」英語を話すことを極端に恐れてしまいます

スピーキングをするときも、

「発音を間違えていないか?」
「文法は正しいだろうか?」
「イントネーション、変じゃなかった?」

など、頭の中であれこれ考えてしまい、自分の英語の欠点を探して、「英語を話すこと」をためらってしまいます。

「良い英語を話そう!」という意識が強すぎるため、かえってダメなところに目が行ってしまう。完璧主義のマイナスの側面です。
気にしすぎは上達しない原因に
ただ、スピーキング上達のためには英語で話す訓練が大切です。

「間違った英語を話したらどうしよう・・・」と不安になってしまうのは仕方ないのですが、それを気にしすぎては、上手くいくことも上手くいかなくなってしまいます。

誰でも最初は初心者。最初から英語をペラペラ話せる人はいません。話すとき、文法が間違っていたり、発音がおかしくなることもあります。

これは、スピーキング上達の上で、必要な経験です。失敗は気にせず、ともかく英語を話そうとする姿勢が大切です。

間違ってもOK、まずは英語を話してみること。その一歩から、上達が始まります。

ネイティブは気にしない
以前、管理人は職業柄ネイティブスピーカーと話す経験がありました。

そこで気付いたことは、「ネイティブは上手な発音・文法はあまり気にしていない」ということです。

意外かもしれませんが、完璧な英語を話そうと口ごもるより、文法・発音が多少めちゃくちゃでも、大きな声で積極的に話す方が通じますし、好感をもたれます。

海外留学や重要なビジネスで英語を話す場面は別として、基本的に、ネイティブスピーカーと英語で会話をする場合、積極的に話していきましょう。

極端な話、ジャパニーズイングリッシュでもぜんぜん問題ありません。内容があればいいのです


発音が下手でも、内容がある話をすれば、ネイティブはきちんと聞いてくれます。逆に、発音がネイティブなみにキレイでも、内容のない話をする人はバカにされます。



ネイティブが気にしていないと思えば、気が楽になりませんか?大切なのは、完璧な英語を話そうとすることではなく、相手の考えを理解し、自分の考えを伝えるということ。

繰り返して上達する
いくら知識を身につけ、発音を学んでも、実地でそれらを活かすには、やはり経験が大切です。

スピーキングを上達するには、まず話してましょう。この段階では、多少上手く発音できなくても、文法ミスがあってもかまいません。

ともかくスピーキングをします。ミスも経験します。このような練習を続けるうちに、だんだんと脳内に英語を話す回路ができてきます。

勉強してきた英語の知識も、自然と口からでるようになります。逆に、それまでしっかりと勉強をしていないと、話す内容が限られてしまうので、上達が止まってしまいます。

スピーキングは、話せば話すほど身についていきます。はじめから完璧に英語を話す必要はないのです

まずは、

「正しい英語を話さねばならない。」
「正しい発音をしよう。」

と気構えないで、大きな声で積極的に英語を話し、英会話を楽しんでみましょう。

関連情報
思い込みをリセット
ミスを恐れない
英語で考える時間を作る

<<スピーキング学習法のコンテンツ一覧へ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする