ホーム > スピーキング学習法 > 上達のために

英語を離せるようになるためにはこのポイントが重要


頑張るぞ!をする女子2名

英語を話せるようになるためにはどうすればいいか?

このページでは、上達のための、3つのポイントを英会話の初心者の方向けにまとめています。

「英語が話せるようになりたい!」

という方は、参考にしてみてください。

スピーキング上達 3つのポイント
独学で英語を話せるようになるために大切なのは、上達のコツを踏まえ、英会話を練習することです。

では、どんなことに気をつければいいのか?知っておきたいポイントは次の3つです。

1・発音
2・インプット
3・アウトプット

これらのポイントを意識し、英会話を練習していくことで、独学でもネイティブに通じる英語を話せるようになります。

以下、詳しくご紹介します。

ポイント1・しっかりとした発音を身に付ける
基本ですが大切なポイントです。

英語を話すということは、人に何かを伝えること。当然、しっかりと発音しなければ、相手には伝わりません。また、しっかり発音できるということは、リスニングにも関係します。

正しい発音ができるということは、その言葉を認識しているということになります。自分が分からない単語は、聞き取れませんし、理解できません。

正しい英語の発音を身に付けることで、スピーキング・リスニングともにプラスになります(詳しくはリスニングで英語の発音を覚える参照)。

ポイント2・勉強して言葉と文法を覚える
意外に軽視されがちなのが、しっかりとした文法知識と単語力です。管理人は、職業柄、よくネイティブと話す機会がありました。

ネイティブと話していて意外だったのが、「きれいな発音で英語を話すよりも、内容がある話をした方が好感をもたれる」ということです(もちろん正確な発音が身に付いているという前提ですが)。

つまり、いくら発音がネイティブなみにできたとしても、内容のない話ばかりしていては、楽しいコミュニケーションができないということです。自分なりの考え方を身に付けて話すことが大切だと知りました。

そこで大切なのが、しっかりとした学習です。英文を読んで英単語を覚え、文法を学び(英語をインプットする)、いろんなジャンルの英語に触れることで、自分の考えを英語で伝えることができます。

覚えている単語や、文法を身に付けることで、結果的に話す話題も広がります。興味がある分野のことは、英文雑誌を読んだりして、どんどん知識を身に付けていきましょう。

ポイント3・スピーキングの練習をする
最後に大切なのが英語を話す訓練、つまりアウトプットです。

英語を話せるようになるためにはインプット、つまり知識が必要。しかし、いくら知識があっても、スピーキングの練習をしなければ、英語をペラペラ話すことはできません。

日本人によくある悩みとして、英語を聞き取れるが話せないという悩みがありますが、この主な原因は、スピーキングのアウトプット練習不足がほとんどです。

この問題を解決するためには、「英語を話す」という練習が必要不可欠。

そのための方法はいろいろありますが、独学で出来る方法としては、英文の音読や、短いフレーズを繰り返し発音するトレーニングがオススメ。

この練習は英会話教材があれば一人でもできるので、お金をかけたくない人、独学で英語を練習したい方に向いています。

(スピーキング向けの英会話教材もあるので、独学でも練習は可能です。)

本気で話せるようになりたい人は、お金がかかりますが、英会話スクールのマンツーマンレッスンや、英語ジムの受講を検討するとよいかも。

英語を話すトレーニングは独学だけでは不十分になりがちなのも確か。

やはり、ネイティブ相手に英語を話したり、専門的な英語のトレーニングを受けることは、確実に英会話力を伸ばすきっかけになります。

最後に
以上が、英語を話す練習、アウトプットするための主な方法です。

英会話教材を使う方法や、マンツーマンのレッスンをするなど、スピーキングを練習する方法は1つではありません。

大切なのは、勉強して覚えた英会話を、話して使う練習をすることです。

英語は勉強するだけでは話せるようにはならないので、予算やあなたの目的に応じて、英語を話す練習を積んでみてください。

若葉マーク独学で英語を話せるようになりたい初心者が使いやすい英会話教材まとめ

関連情報
英会話学習の基本パターン
基本ルール「守破離」
アクセント、上達はコピーから

<<スピーキング学習法のコンテンツ一覧へ

スポンサードリンク