シャドウイングで英語のスピーキング力アップ


話す練習をする男

英語のスピーキング練習を自分一人で!
そんなときに注目したいのがシャドウイング(shadowing)。

シャドウイングとは、ネイティブの人が読んだ英語を聞いて、その文章をそのまま音読する学習方法です(シャドウイングの基礎知識はこちらのページを参照)。

シャドウイングは英語を聞き取るリスニング能力が必須。最低限英語を聞き取れるスキルが必要です。

その分、上手くできるようになれば効果は抜群!英語のスピーキング力アップが期待できる学習法です。
少しやさしい英語教材を使う
とはいえ、実際一人でシャドウイングの練習をやるとなると、慣れるまでが結構たいへん。

英会話の初心者の方は、まずは少しやさしめの教材でシャドウイングの練習をするのがおすすめ。

具体的には、中学レベルの日常会話モノが練習しやすいと思います。

初心者の方向けのチェックポイントとしては、かんたんで実用的な英語が収録されている教材がおすすめです。

きちんとシャドウイングできるようになれば、実際の英会話でも使うことができます。

特に、具体的な場面(例えば、買い物する場面などです)を想定したテキストで、シャドウイングをするのが効果的です。

事前にテキストを勉強して、英単語や文法、英文の内容を確認しておくとなおベター。

テキストの内容を理解していない丸暗記のシャドウイングでは、あまり効果が期待できないかも。

基本単語はもちろん、文法、英文の内容をきちんと調べて勉強します。必要であれば、和訳して内容を確認しておくことが大切です。

(予習をせずにそのままシャドウイングをする場合もありますが、難しいと思うこともあるかもしれませんので、まずはさっと予習することをおすすめします。)

ポイントは3回繰り返すこと
上手くシャドウイングをするために、はじめにスロースピードで練習しましょう。英語の音声を意識しつつ、聞き取れた範囲で口にだして話してみましょう。

上手くスピーキングできるようになってきたら、徐々にナチュラルスピードに上げていくことで、シャドウイングのコツが分かってきます。

いきなり早いスピードでやろうとしても、けっこう難しいです。

かんたんな英文でも、いきなりシャドウイングをしようとするとついていけないので、

1・はじめのうちは1文ごとに一時停止ボタンを押す。
2・英語を聞いたらCDを止めて話してみる

という感じで大丈夫です。

このような方法でシャドウイングしていくと、だいだい2~3回で慣れてきます。あとは、一時停止を使わずに、そのまま続けていきましょう。

初心者の方の場合、3回くらい繰り返して練習することをおすすめします。発音も、CDの音声を徹底的に真似てスピーキングします。

(シャドウイングについていけない場合は、テキスト音読法で基礎体力を高めます。)

最後に
以上が一人でできる英語のスピーキング練習法、シャドウイングについての簡単な説明になります。

英語を話せるようになるためには、自分で英語を口に出すなど、話すトレーニングが必要不可欠。

そのための方法はいろいろありますが、シャドウイングは慣れれば自分一人で手軽に練習ができます

まずは簡単な内容の英語でOKなので、ステップ・バイ・ステップ、シャドウイングの練習を実践してみてはいかがでしょうか。

英会話初心者のためのシャドウイング練習法まとめ
1・少しやさしめの英会話教材を選ぶ

2・シャドウイングするテキストを、基本単語・文法、英文の内容を予習する

3・CDをかけたとき、リモコンの一時停止を使い1文ごとにCDを止めてシャドウイングする(2~3回)

4・一時停止を使わずにシャドウイングする(3回ほど)

追記
「CDのリモコン操作がメンドクサイ!」という方は、30日間英語脳育成プログラムのような、カリキュラムにシャドウイングが含まれている英会話教材を利用する方法もあります。

シャドウイングトレーニングの詳細は30日間英語脳育成プログラムの体験談をご覧下さい。

関連情報
英語で考える時間を作る
ディクテーション
英会話学習の基本パターン

<<スピーキング学習法のコンテンツ一覧へ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする