ホーム > はじめに

One for all, all for one. これが英会話上達の基本原則。


握手

1つは全て、全ては1つ
英会話を習得するためには、基本的な英語学習が必要不可欠。リーディング、ライティング、リスニング、スピーキング、それぞれの分野である程度きちんと基礎的な能力を身に付ける必要があります。

例えば、リーディングや文法知識が完璧だからといって、イコール英語が話せるかというと、現実的には難しいです。この点が語学学習の難しいところです。

話せるようになるためには、英語を勉強するだけでは不十分で、コミュニケーションの実践が必要です。つまり、英会話の実体験の経験量です。

また、単語や基本的なグラマーが身に付いていないと、暗記した文(チャンクなど)を話すことはできますが、応用がききません。

せいぜい使えるのは、簡単なあいさつやショップでの問答くらいです。いくら暗記した英文を話せても、実際、それはスキルではありません。

ルールを理解して、それを使いこなせて、初めてスキルになります。そのためには、理解の伴わない単純な丸暗記では効果がありません

このように、英語を話せる・使えるということは、

英語運用能力= リーディング + ライティング + リスニング + スピーキング

ということなのです。

当サイトは英会話の初心者向けのサイトですが、これらの理由から、リーディングやライティング(グラマー含む)の学習法を掲載しています。

「英語を読む力、文法理解があり、そして、英語を聞き、話すことによって、初めてそれぞれの学習が1つの力になる」

と考えているからです。

インプットとアウトプット
ここで英語学習を2つに分けたいと思います。

インプット学習(知識を自分のものにする勉強)
アウトプット学習(学んだことを使えるようにする勉強)

インプット学習
英語を話す基礎となる学習です。英語独自のルール(文法)を学ぶことで、正しく英文を読み、書くことができます。日本人の大半は英語をまずインプットする学習をしています

文法を学び、英文を読み単語を覚えて、英語のルールを自分の中に内在化していきます。ここで自分のものにした知識が、実際の英会話に役立ちます。いわば、英語を話す下地(基礎)を作るための学習です。

アウトプット学習
正しい英文が書けるということは、英語のルールを理解できているということ、つまりインプットがしっかりしていることを意味します。

また、英語を話すということは、話すことのネタ(知識)を知っている必要があります。実際、知っていることを使えるとは限りません

例えば、泳ぎ方を知っているからと言って、すぐにできるとは限りません。バタフライの方法を本で読んで知っていても、プールに入って練習しなければ泳ぐことはできません。

英語も同じです。空の器からは何も出てきません。しっかりインプットして、中身を入れておく必要があるのです。

そして、インプットした知識を使うことで、英語が話せるようになります。

つまり、英語が使えるようになるためには、インプットとアウトプット、両方をバランスよく学習する必要があります。

基礎的な英文法を学び、適度に英文を読み、リスニングで英語に慣れます(インプット学習)。

次に、学習して覚えたことを実際に使います(アウトプット学習)。こうすることで、学んだことが実際に使えるようになります。

このように、

英会話力というのはリーディング、ライティング、リスニング、スピーキング、様々な学習が1つになった総合的な能力

なのです。

リーディング、ライティング、リスニング、スピーキング、それぞれのセクションの学習に当たっては、トータル的なバランスを考えて、学習計画を立てましょう。

pickup
「英会話、頑張ってみようかな」と思ったら注目したい教材
日本ではたくさんの商品が販売されていますが、どれがいいのか、本当に効果があるものを見分けるのは一苦労。

高評価&本当に役に立つ英会話教材を厳選、掲載しています。英語に挑戦する前に、まずはこちらで人気教材をチェック!

関連情報
英会話の初級レベルでは日本語を上手に取り入れる
攻めの学習・守りの学習
学習プランは時間で決めない

スポンサードリンク