シンクロリーディングとは?


読む

シンクロリーディングとは、英語を聞くと同時にテキストを声に出して読むトレーニング方法です。パラレル・リーディング、聞き読みとも言われます。

英語を話せるようになるためには、英語を聞く受動的なトレーニング法と同時に、自分から声に出して英語を話す能動的なトレーニングが欠かせません。

シンクロリーディングは、英語を聞くと同時に声に出して読むトレーニングなので、英語の文字と音を一致させる練習ができる、とても良い練習法です。

英語を聞いて声に出す練習法にシャドウイング(Shadowing)がありますが、こちらのはテキストを見ず、聞こえた英語を発声していきます。効果が期待できる練習法ではありますが、難しいのが難点。

シャドウイングをしてみて、「難しい、ムリかな」と思ったら、今度はシンクロリーディングでトライしてみます。
シンクロリーディングの手順
シンクロリーディングは次の手順で行います。

1・英会話教材を用意する。(テキスト&CD)

2・テキストを開いて下見する。

3・CDを再生機にセット

4・CDをかけて、テキストに目を向ける。

5・英語が聞こえたら、テキストを見ながら音読していく。このとき、できる限りCDと発声のタイミングが近くなるようにする。CDに遅れないのが重要です。

備考
教材ですが、最初のうちは、200words~300words程度のテキストをメインに使っていけばいいと思います。

シンクロリーディングは何度も繰り返して反復練習するのが良いので、文字数の多いテキストだと疲れてしまうかもしれません。

初心者の方、英語が苦手な方は、短めのテキストが中心の教材を選び、シンクロリーディングを行うと良いと思います。

その場合、繰り返しを意識して、CDの英語スピードに遅れないよう、ついていくことを意識すればOKです。

このさい、発音の良し悪しは気にしなくても構いません。CDの英語についていき、全て音読できることが重要です。

何度もCDで練習し、シンクロリーディングをスラスラできるようになったら、シャドウイングの練習を取り入れていくのが理想的。

だんだんと、英語の音が聞き取りやすくなって、発声するのが簡単になっていきます。

関連情報
実力が伸びるテキストの選び方
スピーキングのためのテキスト音読法
ディクテーション

<<英語用語集に戻る

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする