ホーム > 教材を効果的に使う方法 > 英会話学習のお供!ポータブルCDプレイヤー活用のススメ

英会話教材のCDはいつでも聞けるようにしておくのがポイント


携帯プレイヤー

英会話教材のリスニングCD活用法です。

英語力アップのためには、「英語を聴く」という作業が必要不可欠。普段からどれくらい英語を聞くか、そこが、上達に関係してきます。

大切なのは、「英語を聴く」こと。

家の中、CDプレイヤーを前に堅苦しく背中を伸ばして英語を聴く必要はありません。

英語の聞き取りというと、「机に座ってしっかり聴かないと!」という印象がありますが、正直、肩を張った学習はあまり続きません。

それよりも、気軽に聴いてみて、英語に慣れる姿勢が大切だと思います。

スポンサードリンク


英会話教材のCDを使い尽くす
「英語を頑張ろう!」と思ったら使うのが英会話の教材。

教材にはリスニング用のCDがついてきますが、このCDの活用が英語力アップの要になってきます。

CDのよいところは、i-podやポータブルCDプレイヤーがあれば、いつでもどこでも勉強ができることです。

外出中でもスキマ時間にヒアリングができるので、忙しくても英語に取り組むことができます。

通勤の電車内や外出中、ちょっとした時間にi-podやCDポータブルプレイヤーで英会話教材のCDを聴く。

このちょっとした努力が英語力アップへ、後々大きな財産になっていきます。

聴き流すだけでもOK
私が学生の頃、90分電車(京○電車)で大学に通学していました。

電車に乗る時間は朝7時くらいで、毎朝とても込み合っていました。いつも電車内はとても混んでいてました。

なので、席に座っていない限り、本で勉強するのは電車の空席状況に左右されます。

そこで、本で学習をする代わりに、リスニングテープを聴くことにしました。

ポータブルプレイヤーなら、つり革につかまっていても勉強することができ、ボーっと英語を聴いていても結構効果があったかなァと思っています。

この体験があって、社会人となり長時間通勤していたときも、通勤時の電車で英語のCDを聴くようにしました。

すぐに上達が実感できるものではありませんが、積み重ねは強いです。

毎朝、ボッーと英会話教材のCDを聴いていると、だんだん英語が耳に染みこんできます。そして、「聴き取れる!」となってきます。

大切なことは、英語を聴くという習慣を持つこと。

そのために、外出中に勉強できる英会話教材のCDは、とても費用対効果が高いと思います。

ポータブルCDプレイヤーを使って外出中に英語を聴く習慣を持つことで、時間の節約になりますし、電車内が書斎に変わります。

自宅で勉強をする余裕がないという方は、「英会話を頑張りたい!」という社会人の方は外出中の英語学習をおすすめですよ。

テキスト&リスニングで記憶を補強
ここで、i-podやポータブルCDプレイヤーで英語のCDを聴いて勉強するときの、より効果が上がる方法をご紹介します。

英会話教材にはCD+スクリプト(テキスト)が付属しています。

教材の内容を理解して効果を引き出すため、自宅にいるときにそのテキストを素読しておきます。

そして、その時に分からない単語や英文法を一通り、チェックしておきます。

こうすることで、英会話教材でリスニングするとき、英語を聴き取りやすくなり、単語や文法を確認する復習の効果が出ます。

暗記が容易になりかつ聴き取りの効果も出ます。まさに、一石二鳥です。

もしもリスニングをしていて分からないことがあれば、

1・再度テキストを読み返し、記憶を強化する。

2・外出中は英会話教材のCDを聴く。

この作業を繰り返し行います。

これによって、より内容を深く理解、英会話教材の効果を高めることができます。

(なぜ復習を繰り返すのかという理由はこちら。)

私が体験した効果
私にはリスニング教材を使って英語力を伸ばした経験があります。

大学生のとき、TOEIC初受験で730点を取ったとき、朝大学へ行く電車の中でひたすら英会話教材のCDを聴いていました。

当時、朝は大学、夜は塾で講師をしていたので、毎日の帰宅は夜中の11時過ぎ(たいていは深夜0時近くに帰宅)。

なので、せめて「家にいるときは勉強したくない!」と考え出したのが通学の時間を使ったリスニング学習です(ちなみに大学のテストもほとんど電車内で勉強していました)。

私は大阪府の奈良より場所で暮らしていました。そして、毎日90分かけて京都市内まで電車(京阪電鉄です)で通学していました。

この長い電車での時間を、ただぼんやり過ごすのではなく、英語の学習時間にしたのです

TOEIC対策の英語教材や英会話の教材を購入し、テキストを見ながら、ひたすらリスニング。分からないことは繰り返し何度も聴きました。

眠くてやる気のでないときも、ただイヤホンを耳につけて、睡眠学習ではありませんが、CDをひたすら聴き流していました。

これだけで、かなりTOEIC対策になり、希望の結果を得ることができました。

この習慣は続いていて、ウォーキングの合間に英語教材を聞いたり、外出中の車では、英語のCDをかけています。

愛用のウォークマン
ウォークマン

最後に
英語を聴く習慣を作る。

これは、英語力アップ、英会話の習得、目的は何であれ、とても効果的な方法だと思います

英語を聴くことは、やる気さえあれば、いつでも始めることができます。そして、その効果はジワジワ。

通学や通勤の電車の中、ポータブルCDプレイヤーで英会話教材を聴くこと。

このシンプルな行動の積み重ねが、英語力アップへつながっていきます。

「英語を頑張りたい、でも家であまり勉強する時間がない!」

という方は、参考にしてみてくださいね。

CDで英語を覚えたい初心者の方におすすめの英会話教材まとめ

関連記事
CDタイプの英語教材のメリット
英会話教材のダウンロード版を効果的に使う方法
英語を耳に慣らすこと

<<英会話教材の使い方のコンテンツ一覧に戻る

スポンサードリンク