英会話教材選びのお役立ち情報


解説する美女

一口に英会話教材と言っても、タイプによって様々。価格も違えば、学べる内容も変わります。

そこで、このページでは市販されている教材を分かりやすく分類してみました。販売されているものは、主に次のようになっています。

若葉マーク評判の高い人気の英会話教材はこちら

書籍
学習ノウハウからリーディング向けの教材まで、英語を幅広く学ぶことができます。

千円単位の安価な内容が多く、本屋さんやアマゾンなどのネットショップで、気軽に購入できます。

CD・i-pod
ポータブルプレイヤーを使う教材です。

持ち運び可能なので、いつでも学習ができます。忙しい方、外出時間が長い方の場合、特に役立ちます。手軽に学習できるところがGood。

パソコンソフト
本格的に英語が学べるタイプのものが中心です。

勉強するためにパソコンを起動させる必要がありますが、発音、聞き取りなど、細かく英語を学習することができます。

電子書籍(PDFタイプ)
主にノウハウ中心の内容です。

素晴らしいものだと、かなり大きな価値があります。その分、当たり外れが大きいので、十分に情報を集める必要があります。

英語の通信講座
アルクが有名です。毎月新しい教材が送られてきたり、添削指導で英語を学ぶことができます。

価格面で必ずしもリーズナブルとは言えませんが、教材の質の高さは通信講座ならでは。

サポートシステムも対応しているので、初心者の方でも取り組みやすい点が魅力的です。

まとめると
それぞれ、価格や学べる内容も千差万別。教材を効果的に使いこなすためには、自分が使いやすいものを選ぶことが大切です。

例えば、夜遅くまで外出している方の場合は、自宅で使うパソコンソフトよりも、持ち運びできるCD教材や書籍が使いやすいと思います。

自分のライフスタイルにあわせ、使いやすさを工夫することで、継続的な学習をすることができます。下記の表は教材の種類を分かりやすくまとめたものです。

価格、使いやすさ、身に付けたいスキルなど、トータルで内容を検討することで、自分にピッタリの教材に出会えるかもしれません。

英会話教材の種類

種類 PCソフト CD 書籍 通信講座 電子書籍
(PDF含む)
価格帯 比較的高額 1万円を超える価格が中心 手ごろな価格が中心
(千円〜)
比較的高額だが月単位の費用はそれほど高くない ノウハウ類はピンきり
使いやすさ 使うためにパソコンを起動させる必要がある プレイヤーさえあればどこでも勉強できる 持っていけばどこでも勉強できる 書籍やCDで独学しつつ、分からないところを講師へ質問できる 読むためにパソコンを起動させる必要がある
身に付けることができるスキル リスニングからスピーキングまで、トータルで英語を学ぶことができる リスニングのみ(教材によってはスピーキング&文法が学べるものも) 学習ノウハウからリーディングまで、幅広く学習ができる 英会話、英語をトータルで 英語学習法、リーディングなど
代表的な教材 30日間英語脳育成プログラム スピークナチュラル
英語ぺらぺら君
1000時間ヒアリングマラソン
英会話コエダス
正統派の英語学習プロジェクト


実際に売れている人気英会話教材ランキングをチェックする

関連記事
サポート付き英会話教材の活用法
よい教材の見分け方
英語の通信講座はこういう方に効果的です

<<英会話教材へ戻る