ホーム > 英文法・ライティング学習法 > 英作文の勉強をする前に

英作文に取り組む前にこのポイントをおさえておく


書く男

英文法を理解し、ライティング上達のために知っておきたい考え方です。

実力を高めるために
英語上達のためには、しっかりとした基礎が必要です。特に、ライティングの場合、もろに実力が出ます

よく言われることですが、TOEICなどのマークシートテストで高得点が取れるからと言って、本当の英語力があるとは限りません!

マークシート形式の場合、試験のコツをつかむこと、試験問題に慣れることで、けっこう点数が取れます。ところが、ライティングの場合、小手先のテクニックは通用しません。

例えば、中学・高校時代の国語の試験を思い出して下さい。

「記号式の問題は何となく解けるけど、記述式の問題はぜんぜんだめ」という経験がありませんでしたか?

記号式の問題の場合、いくつかの選択肢の中から回答を選びます。回答が4つある場合、正答率は25%になります。25%といったらけっこうな確率です。

消去法などのテクニックを使えば、さらに正答率はアップします。

つまり、極論を言えば、記号式の問題はぜんぜん内容を理解していなくても正解を選ぶチャンスが高い試験なのです。

逆に、記述式の問題の場合、内容・出題の意図を理解していなければ、全く答えが書けません。この点、正確な理解と実力が必要になります。

英語ライティングも同じです。覚えた単語の量・文法・構文の知識が必要になってきます。

また、文を書くという作業は、やはり経験とこなした量がものを言います。この点ライティングに王道なしと言えるかもしれません。

スポンサードリンク


私もぜんぜん書けなかった
管理人は英文学科を卒業しています。

定期考査のレポート類は全て英文、もちろん卒論(といっても完全な形式ではありませんが)も英文で提出しました。

大学を卒業する頃は、何とか英文を書けるというレベルになったと思いますが、大学入学当時は、ライティングは全くダメでした。

高校時代にろくに勉強もせず、大学受験の英語(センター試験や入試問題)は点を取るためだけの学習をしてきたため、学力に自信なし。

当時は長期間コツコツ続けることによって身につく、本物の実力や英語力がありませんでした(当時、自分ではそう思っていました)。

とは言え、リーディングやリスニングには、わずかながらの自信がありました。「まぁ何とかなるさ」と気軽に構えていました。

ところが、イザ大学に入学すると英語漬けの毎日。

しかも、ネイティブの講師のレポートはもちろん、日本人教官の講義のレポートすら「全て英語・日本語不可」という環境でした(例外もありましたが)。

大学1年生の「うぶ」な頃は、A4の用紙1枚書くのに何日もかかる始末です。学期末になると、それこそ泣きそうな思いでパソコンのキーボードを打っていました。

そして、やっとの思いで書き上げた英文のレポートを提出したらしたで、赤ペンでなおされまくります。最初は、自分の英語力のなさを思い知り、とてもヘコミます。

ところが、やっぱり慣れってすごいんですね。

1年間も英文でレポートを書いていると、だんだん慣れてきます。英文をスピードがアップ。おまけに内容もよくなっていきます。

もちろん、人様に自慢できるほど、ほめられた内容ではありませんし、できる同級生のレベルには程遠い内容です。

それでも、英文の書き方のコツを体得、スピードと文章を書くスキルが段違いに速くなって、上達しているのがハッキリ実感できます。

分からない英単語は辞書で意味と用例を調べれば問題ないので、後はひたすら書くといったところです。

大学を卒業する頃には、5,000字くらいの英語レポートを2〜3日(1日3時間で1500〜1800文字)で書けるようになりました。我ながら、この変化には驚きました。

この体験から、ライティングはノウハウうんぬんの前にある程度の作業量が必要だということを学びました

「習うより慣れろ」で上達
英語で文章を書くのは、理屈や理論を勉強することも大切なのかもしれませんが、「慣れ」が大きいと思います。

なので、大切な事は、こなす量と経験です。まずは英文を書いて、数と量をこなすことです。

ある程度英語を勉強して、英単語と文法を覚えていれば、あとはライティングの上達は数稽古。書いた分量次第で上達します

1日4〜5行程度でかまいません。毎日書いていれば、自然に慣れてきます。

まずは、日記でも雑感でもよいので、英語で文章を書く自分に慣れてください。最初は時間がかかるかもしれません。

でも、次第に必ず慣れてきます。最初は数行の英語を書くだけで20分30分と過ぎていくかもしれませんが、最初はそんなものです。

大切なのは、英文を書くことです。そして、それを続けることです。

上達のスピードは人によりますが、続けることが力になります。まずは今すぐ、今日から、ライティングを始めましょう。

ミスがあろうが、文法が怪しかろうが、問題はありません。まずは英文を書いてみること。

書き終わったら、読み直し、リライトすればOKです。何度も書いていれば、コツがおぼろげながら見えてくると思います。

まずは気にせず、英語を書いてみること。やってみることが大切です。

若葉マーク「英文法が不安・・・、やり直したい。」というときに注目したい教材

関連情報
書くときは気にしない!文法は最低限
まず3ヶ月続けてみよう
学習の基本ルール「守破離」

<<ライティング学習法のコンテンツ一覧へ

スポンサードリンク