一人でできる英会話の練習。『絵で見てパッと言う英会話トレーニング 基礎編』のレビュー

一人で出来る英会話のトレーニング本。

絵を見て、英語が話す練習が出来る実戦向けの一冊がこちら。

この本について

2012年5月今月の英語本は『絵で見てパッと言う英会話トレーニング 基礎編』です。シチュエーションごと、独学でスピーキングの練習をすることができます。

『絵で見てパッと言う英会話トレーニング 基礎編』では、

・初対面

・自己紹介と質問

・日常のあいさつ

・依頼や提案

など、普段の生活で使える日常英会話のトレーニングができます。

絵で場面が想像しやすい!

本を開くと、絵とセリフがのっています。この場面に合わせ、「どんな英語を話したらいいだろう?」と自分で考えます。

セリフの中が日本語になっていますので、これを自分で英語になおしていく方法です。

マンガのように分かりやすい

本の中身

ポップな作りですが、内容は多く、しっかり詰め込まれています。

収録されている英語もそれほど難しくありませんが、内容が実用的なので、日常英会話に取り組みたい方にはぴったり。

ちょうどよい練習の教材になります。

本書のポイント

英会話に取り組む上で大切なのは、実際に使える英語をたくさん覚えること。かんたんに言うと、

「この場面ではこの英語を使うことで、コミュニケーションが成り立ちます」

という話で、いろんな場面で使う英語を理解し、覚えることによって、英会話がうまくいきます。

本書のポイントは、実際の場面を絵でイメージで英語を覚えられること。

基本的に汎用性が高いものが中心になっているので、本書で英語を練習しておけば、いざその場面に直面したとき、すっと英語が出てきます。

優しい内容が中心なので、まず手軽に英会話を覚えたいならこちら。

出てくる英語をすべて覚えるくらいの気持ちで取り組めば、得られるものがたくさんあります。

評価(☆5つが最高得点)

分かりやすさ:☆☆☆☆☆

充実度:☆☆☆☆

難易度:☆☆☆☆☆

初心者向け度:☆☆☆☆☆

本の購入はこちら

若葉マーク 英語を話せるようになりたい初心者の方におすすめの英会話教材まとめ