『ロックスターの英語』のレビュー

ロックスターの英語

基本情報

タイトル:ロックスターの英語

著者:アルク編集部

ページ数:203P

出版日:2012年12月

本の説明

アルクのイングリッシュ・ジャーナル掲載のロックスターのインタビューを編集した英語学習本。有名ミュージシャンのインタビューで英語が勉強できる一冊。

評価(☆5つが最高得点)

分かりやすさ:☆☆☆☆

充実度:☆☆☆☆☆

難易度:☆☆☆☆☆

初心者向け度:☆☆☆☆☆

この本について

ビートルズのポール・マッカートニーやレッド・ツェッペリンのジミー・ペイジ、オアシスのノエル・ギャラガーなど、有名ミュージシャンのインタビューで英語が勉強できる本です。

インタビューの英文&和訳+使われている英単語の意味というシンプルな構成ですが、英語の発音分析などのミニコラムもあって、なかなか勉強になります。

登場するミュージシャンもアメリカ、イギリスとバラエティに富んでいて、発音もアメリカ英語からイギリス英語まで様々。良いリスニングの勉強になりました。

イギリス英語が中心

ただ、ミュージシャンによって、英語の難易度にかなりバラつきがあります

この本ではイギリス出身のミュージシャンのインタビューが多いのですが、一部のミュージシャンは、なまりが強いせいか、聞き取るのにかなり苦労します。

個人的には、オアシスのノエル・ギャラガーのインタビューが特に難しくて、何度もCDを聞かないと、さっぱり意味が分かりませんでした。

doneをドン、funをフォン、というような発音(北イングランドなまりというそうです)していますが、英語と言っても、いろんな発音があることに驚かされます。

ガチガチに勉強するというより、楽しみながら英語を楽しめるので、洋楽が好きで、海外のミュージシャンが好きな方には、良い学習素材になると思います。

本の購入はこちら

ロックスターの英語