『聞いて覚える英単語 キクタン TOEIC』のレビュー

聞いて覚える英単語 キクタン TOEIC Test Score 990 (CD・赤シート付) (キクタンシリーズ)

基本情報

タイトル:聞いて覚える英単語 キクタン TOEIC

著者:一杉 武史

本の説明

CDを聞いてTOEICの頻出単語が覚えられる、アルクの人気英語本シリーズ。目標スコア別、初級から上級まで、幅広いラインアップがそろっています。

評価(☆5つが最高得点)

分かりやすさ:☆☆☆☆

充実度:☆☆☆☆

難易度:☆☆☆☆

初心者向け度:☆☆☆☆

キクタンについて

シリーズ累計200万部の人気英語本。

TOEICの英単語を覚えるのに特化した本で、CDを聞くだけで英単語を覚えられる内容になっています。

TOEIC初級用の英単語から500~600までの中級用、730~990までの上級用とテキストが用意されているので、自分の目標スコアに応じて、難易度を選べます。

CD&本の構成について

ネイティブが英単語を発音→日本語というシンプルな内容(CDには例文の音声が入っていません)。

アルクの英語講座のTOEICマラソンシリーズを経験しているなら、スムーズに取り組める内容です。

本の構成も分かりやすく、英単語+関連フレーズ+例文という具合で、単語の意味や用法を理解して使える便利な構成です。

個人的な感想など

キクタンは、英単語のセレクトが良い感じです。

重要なもの、TOEICで出やすいものを厳選して収録しているので、キクタンを使うことで、重要度の高い英単語はカバーできます

なので、TOEICのために、単語だけを集中して覚えていくなら、この本でTOEIC頻出単語を詰め込んでいくのが効率的になるかもしれません。

基本的な語彙力を鍛えるのに適した教材だと思いました。私はDUO3.0と併用してキクタンを使っています。

蛇足かもしれませんが

ただ、英単語だけを覚える勉強は単純作業で辛いので、「TOEIC用の長文で読解慣れ+英単語をストック→キクタンで復習」という感じでキクタンを使うのがいいかも。

TOEICに挑戦するなら長文対策は避けては通れないので、他の教材で英文対策をして、キクタンで英単語のカバーしていくのが効果的な使い方のように思います。

本の購入はこちら

聞いて覚える英単語 キクタン TOEIC