『中学英語で英語の雑談ができるようになる本』のレビュー

基本情報

タイトル:中学英語で英語の雑談ができるようになる本

著者:デイビッド・セイン

ページ数:207

出版社:アスコム

本の説明

「中学校で習う基礎的な英語で、天気やスポーツなどの雑談ができる英会話力を身につけていきましょう」という本。シンプルながらいろいろ勉強になります。

(CDは付属していません。)

評価(☆5つが最高得点)

分かりやすさ:☆☆☆☆☆

充実度:☆☆☆☆☆

難易度:☆☆☆☆☆

初心者向け度:☆☆☆☆

内容など

中学校三年間で習う基本的な英語で、天気や服装、テレビやニュース、近況報告などの雑談英会話を覚えていく本です。

内容はフレーズ集のような本ですが、勉強できるカテゴリはたくさんあって、「こんな場面では英語でこう言えばいいのか」と勉強になる内容がたくさんありました。

勉強できる雑談英会話

・話しやすい話題(天気、電車の移動中の相席で使える英語など)

・話が弾む話題(ニュースや映画、ペットや家族、スポーツなど様々な話題など)

・相手の話を引き出すあいづち(質問の返し、愚痴への対応など)

・気のきく一言(相手に感謝する、お店で店員さんに使うと良い英語など)

・海外ですぐに使えるフレーズ(アメリカやドイツなど、国別のおすすめフレーズなど)

基本的に、英文法の説明はなく、構成は英語+和訳という超シンプルな仕様。

場面ごと、必要に応じてフレーズを暗記していくというのが本書の使い方なので、一から英語を覚えたいときには、あまり参考になりません。

この本は、英会話で使うことを想定されている本で、「中学英語の文法はだいたい理解できてるから、すぐに使える英会話のフレーズを覚えたい!」という方向けの内容です。

内容も幅広く、いろんな英語が掲載されているので、この本に掲載されているフレーズをいくつか覚えて、それを場面毎に使っていくと、英語で気軽に雑談できる力がつくかも。

本の購入はこちら

中学英語で英語の雑談ができるようになる本

若葉マーク 初歩の初歩から英会話を覚えたい方におすすめ