『60万人が結果を出した「ネイティブ思考」英語勉強法』のレビュー

60万人が結果を出した「ネイティブ思考」英語勉強法

基本情報

タイトル:60万人が結果を出した「ネイティブ思考」英語勉強法

著者:ダン上野Jr.

出版社:あさ出版

評価(☆5つが最高得点)

分かりやすさ:☆☆☆☆

充実度:☆☆☆☆

難易度:☆☆☆☆

初心者向け度:☆☆☆☆☆

この本について

スーパーエルマー』の著者による英語ノウハウ本。

日本式に英語を理解する返り読み=間違った英語勉強法で、それが日本人が英語ベタである元凶だと主張。

1・返り読みをしない

2・英語を語順のまま理解する

3・センスグループ(意味のまとまり)で英文を読む

これこそが、英語の正しい勉強法であるというのが本書の内容になっています。

英語の語順のまま、意味のまとまりごとに理解する大切さが強調されていて、そのためにどんな練習をすればいいか、具体的な方法が紹介されています。

英語をそのまま理解する。それができれば

英語を語順のまま理解する。

それは最初ヘンな感じがしますが、ある段階から、返り読みをやめて、語順のまま英語を理解することは、とても大切なことだと思います。

中学校で英語を習うとき、返り読みで英語を教わるので、それがクセになってしまいます。

返り読みが全くダメというのは言い過ぎかもしれませんが、ある段階に来たら、返り読みは卒業した方がいいのは確か。

英語を語順のまま理解できれば、長文読解やリスニング、驚くくらい、理解度が変わってきます。

この本では返り読みをやめて、語順のまま英語を理解する方法が分かりやすく解説されています。

それを参考に、脱返り読みを意識すると、英語の勉強がいろいろ変わってきます。

アドバイスも充実

またこの本では、

「英語を理解しないまま大量に聴いても意味がない」(P41)

「音読は英文をセンスグループごとに区切って読むこと」(P54)

「リスニングは、意味の分かった英語を繰り返し聴くことが大切」(P93)

などの細かいアドバイスも多く、効果的な英語の勉強法を学ぶ上で、参考になる内容が満載。

普段の勉強に意識して取り入れてみると、結構英語習得の効率が変わってきます。

「英語の勉強法を見直して、もっと良い方法を見つけたい!」

そんなとき、この本を読んでみると、いろいろ発見があると思います。

本の購入はこちら

若葉マーク英語を初歩からやり直したい社会人の方にオススメの英会話教材まとめ