『TOEIC(R)テスト300点から990点へ、「7つの壁」を突破するブレイクスルー英語勉強法』のレビュー

TOEICには7つの壁がある?

清涼院流水著『TOEIC(R)テスト300点から990点へ、「7つの壁」を突破するブレイクスルー英語勉強法』のレビューです。

この本について

英語力ゼロからいかにTOEIC満点を達成するか、レベル別のスコアアップ法について語られている本。

本書で特に強く主張されているのは、「正しい英語勉強法」について。

結局、結果が出ないのはやり方が間違っているから。正しい英語勉強法で頑張ればTOEICはグングン上達します!

というのが本書のスタンス。

ではその正しい英語勉強法って何なの?というと、TOEIC600点~990点まで、それぞれのスコアごと、知っておきたいこと、注意スべき点が分かりやすく述べられています。

ポイントは間違った勉強をしないこと!

TOEICは結局のところ方法論。

600点を目指す方には600点の壁を乗り越える対策が。860点を目指す方には860点を乗り越えるための対策が。

ようは、

「今自分がいる場所(スコア)で必要なことをしっかりやっていきましょう」

という話で、それぞれの英語力ごと、習得が必要な課題は違ってきます。

本書ではその具体例が満載。

例えば、まずTOEICで多くの方が目指すのが730点。

その場合は

・出題される単語と文法の問題傾向を把握すること

・新公式問題集をやりこんで試験の型を理解すること

・発音の仕組みをマスターすること

など、「こうしてください」というアドバイスを確認できます。

これからTOEICを受験する方、今現在「○○○点の壁」を乗り越えられずにいる方は、正しい取り組みをしているか、この本を読むことで、自己確認できます。

まとめると

本書を読んで、「正しい方法で勉強すれば英語力が伸びる!」という考え方は納得。

実際のところ、ESLという正しい英語の習得法を研究している学問もあり、私もそれを英語ジムで経験しましたが、やり方次第で英語力がグングン伸びるのを実感しています。

この意味で、

「TOEICはやり方次第。間違った勉強法で頑張らないことが大切だ!」

という本書の考え方は、素直に納得できます。

この本は読みやすく内容も具体的なので、TOEICを頑張りたい方にはおすすめ。

「ピン!」と来たら、ぜひ本屋さんで手にとって、気になるところをチェックしてみてください。TOEICスコアアップのお役に立てると思います。

評価(☆5つが最高得点)

分かりやすさ:☆☆☆☆☆

充実度:☆☆☆☆

難易度:☆☆☆☆☆

初心者向け度:☆☆☆☆☆

若葉マーク TOEIC200点~300点アップは当たり前?今話題の英語ジムとは

本の購入はこちら