6週間チャレンジ!スラスラ話せるオフィス英会話のレビュー

公式

公式サイト:「 6週間チャレンジ!スラスラ話せるオフィス英会話」

教材の説明

1日5分~、集中的に取り組むビジネス英会話教材。

耳でネイティブが話すナチュラルスピードの音声を聞き、英語耳を育成。リスニング力を高めつつ、ビジネスシーンで使える英会話をマスターするという内容の教材。

スラスラ話せるオフィス英会話について

30日間英語脳育成プログラムでおなじみ、英会話上達研究会の教材です。英語でのコミュニケーション力(特にビジネス)を身につけたい方向けの内容になっています。

学習はシンプル。CDとテキストを使い、日常英会話に必要なリスニング力と、覚えておきたいフレーズをマスター、実用的な英語を集中的に学んでいきます。

ちなみに、教材の開発者は、言語学博士の御園和夫教授など、国際的な言語学者を中心とした英語のプロ。その専門的なノウハウを余すことなく発揮しています。

伸びる英語上達法とは?

スラスラ話せるオフィス英会話はCD&テキストを中心にした教材です。

基となる理論は、基本的に30日間英語脳育成プログラムと同じ、次の5つの考えが基本になっています。

1・ナチュラルスピードで聞き取れること

基本的に欧米人の会話のスピードはかなりハイテンポです。ということは、そのスピードに慣れることが英語上達一番の近道。

日本人向けにカスタマイズされたスローイングリッシュではなく、ナチュラルスピードの英語を聞き取ることが大切です。

スラスラ話せるオフィス英会話に収録されている英文も、文字通り、ネイティブが話す速さになっています。

2・耳で英語をインプット

30日間英語脳育成プログラムによると、聞き取りができない原因は、目、つまり視覚情報に頼るリスニングをしているから。

テキスト見ながら聴くなど、目を使ったリスニングが聞き取れない理由だとい言います。

そこで、スラスラ話せるオフィス英会話では音声を聴くことを徹底、耳を英語に慣れさせていきます。目を使わずにリスニングに集中していきます。

3・音と文字を一致させる

can という助動詞があります。

これをキャンと読んだと思います。ところが、実際の会話でキャンと発音されることはなく、[kn]クン・canカンと発音されるのが一般的。

こうした文字と音の不一致を正すことが、英会話をスムーズにするポイントです。

4・語順で理解すること

日本人の場合、英文和訳の弊害で、どうしても英語を日本語に置き換えて理解しようとしてしまいます。つまり、英語を語順のまま理解することが大切です。

5・実践(練習)を積むこと

そして、最後は繰り返し、無意識にできるようになるまで実践すること。

体で方法を覚えてしまえば、後は自動的に進みます。そこまで、徹底した実践練習を積むことで、使える英会話を身に付けることができます。

これらの理論に基づいて、集中5分!スラスラ話せる英会話は作成されています。長年英語開発に携わった専門家による理論なので、とても説得力があります。

また、私自身も「ナチュラルスピードで英語を聞く」・「語順で理解する」という学習でその効果を実感した経験があります。

実際海外へ行くと驚くのがネイティブの話すスピードの速さ。

日本で聞く英語とは比べ物にならないくらい、スピードが速いです。通常、大半の英語教材は、日本人向けにアレンジされたスロースピード英語が中心です。

確かに、スロースピードの場合英語を聞き取ることができるようになりますが、それは使える英語ではありません。

最初からガンガンナチュラルスピードで音声を聞き取るほうが、結果的によい気がします。

1日5分、集中して

集中5分!スラスラ話せる英会話の学習は1日5分からの聞き取りから始まります。基本的に、学習はCDとテキストで完了するので、机にかじりついて英語を勉強するタイプの教材ではありません。

ちょっとした空き時間、例えば通勤中の電車や、車の中で使うタイプのものです。基本は「5分の集中」ですが、できれば20~30分は毎日取り組める内容です。

この辺の取り組み方は、30日間英語脳育成プログラムと同じ感覚かもしれません。

どんなに短い時間でも、定期的に英語を聴くこと(ナチュラルスピードの音声)によって、徐々にリスニングの力が伸びていきます。

通勤電車の中で出来るTOEIC対策

スラスラ話せるオフィス英会話はビジネス英語専用の教材なので、ビジネス関連の設問が出るTOEICと高相性。

しかも、教材はTOEICリスニング問題を意識したダイヤログや英語表現を収録しています。

通勤時のスキマ時間、電車内の時間を、効果的な勉強タイムに。ムダに感じる通勤時間を、有益な自己投資時間に変えることが出来ます。

電車で集中5分!スラスラ話せる英会話でリスニングを鍛え、自宅で復習。そんな使い方もOK。

ナチュラルスピードに触れる前に

スラスラ話せるオフィス英会話に収録されている英語はナチュラルスピードです。はじめてこれを聴いた場合、正直驚くと思います。

特に、普段スロースピードの英語を聴かれている方なら、なおさらかもしれません。

ただ、この速さが普通なのです。そして、最初からナチュラルスピードをキャッチできる人はほとんどいないのでご安心を。

むしろ、最初から「こんなものかな」という気持ちで取り組みましょう。まずは聞き慣れましょう。すると、1週間・2週間するうちに、少しずつ耳が慣れてきます。

そのまま聞き続けると、さらに耳が慣れてきます(日本向けにアレンジされたスローな英語を聞くと、とても遅く感じ、眠くなるかもしれません)。

ここが不思議ですが、まずはナチュラルスピードを聴き続けることで、体感的な英語力もアップします。

慣れるまではしんどく感じるかもしれませんが、短期間で上達したい方には、この方法がよいかもしれません。

こういう方に

教材のまとめです。

30日間英語脳育成プログラムよりも初心者向けの内容になっています。基本、テキストとCDが中心なのです。どこでも持ち運び可能、どこでも勉強することができます。

英会話中心のカリキュラム(特にビジネス)の商品ですが、CD教材にしては価格が高額。

CDで英会話を学びたい場合、英語のぺらぺら君シリーズのようにコストパフォーマンスの良い教材は他にたくさん見つけることができます。

内容も30日間英語脳育成プログラムと類似した商品なので、本格的に英会話に取り組むのなら、そちらがオススメです。

詳細情報・お申込みはこちら

「 6週間チャレンジ!スラスラ話せるオフィス英会話」

若葉マーク今人気の英会話教材をチェックする