企業向け英語研修の新スタンダード!90日間で英語人材を育てる「ENGLISH COMPANY for biz」とは?

サービスサムネ

「積極的に海外展開していきたい。そこで英語研修を取り入れたが、イマイチ効果を実感できない……」

「英語研修に時間をかけられない。最短最速で研修の効果を実感したい」

「研修の効果を目に見える形で確認したい」

という人事・教育研修担当者の方必見!

このページでは90日間で英語人材が育つ企業向け英語研修サービスENGLISH COMPANY for bizについてご紹介しています。

3ヶ月でTOEICⓇスコアがグングンアップする人が続出、一時期は受講したくても受講できないほどの入会待ちが発生した英語パーソナルジムENGLISH COMPANYが提供する企業向けの英語研修サービスです。その効果と信頼性が注目され、一流の会社が英語の企業研修として導入しています。

導入企業例についてはこちらの公式サイトで確認することができます。

あなたが研修担当者として「短期間で効果が期待できる」英語の研修サービスを検討しているなら、ENGLISH COMPANY for bizに注目する価値があります。ぜひ最後までご覧ください。

ENGLISH COMPANY for bizとは?

ENGLISH COMPANY for bizは英語のパーソナルトレーニングで知られる英語パーソナルジム、ENGLISH COMPANYが提供する企業向けの英語研修サービスです。

運営会社である株式会社スタディーハッカーは現在、ベネッセホールディングスのグループ会社として、英語パーソナルトレーニングやコーチングなど、英語教育に関する本格的なサービスを提供しています。

その特徴となるキーワードが「科学的な英語トレーニング」です。それは、個人の体験や経験にとらわれない、効果の「再現性」が期待できる英語習得のトレーニングと言い換えることができます。

短期間で研修の効果を実感する企業が続出!

近年、海外での事業展開などを理由に、多くの企業で英語の必要性が急増しています。そこで選ばれているのがENGLISH COMPANY for bizです。

累計100社以上が英語研修としてENGLISH COMPANY for bizを導入。たった3ヶ月の集中研修でTOEICⓇ845点を取得する受講生が出るなど、多くの導入企業が「目に見える」効果を実感しています。

たとえば海外展開に力を入れているある会社の人事部の研修担当者の方は、英語研修の導入トライアルとして自らENGLISH COMPANYの英語研修を受講。

結果、たった2ヶ月でTOEICⓇ690点→845点を取得しました。効果を自ら確認したことから、ENGLISH COMPANY for bizの本格導入を決め、現在では社内の上位層1割が全員TOEICⓇ800点以上を獲得することを目標としています。

また別の会社では、社内全体の英語力強化を目的として、ENGLISH COMPANY for bizを導入。研修を受講した社員の一人は、TOEICⓇ初受験にもかかわらず845点を取得しました。

英語の資料を翻訳ツールに頼ることなく読みこなせるようになり、海外ニュースのリスニングもできるようになっています。

詳しい事例に関しては公式サイトにて資料を無料でダウンロードすることができますので、ENGLISH COMPANY for bizの実績について興味をお持ちの方は、ページ下部のリンクより公式サイトにアクセスして、資料ダウンロードしてください。

ENGLISH COMPANY for bizにはどんなコースがある?

ENGLISH COMPANY for bizでは、ニーズに応じて次のコースを選ぶことができます。

1・英語の専門トレーナーによる科学的トレーニングをマンツーマンで受講することができるコース(ENGLISH COMPANYコース)

2・英語力を効率的に伸ばすための課題発見および解決策の提案を行うコンサルティングをマンツーマンで受けながら自学自習していくコース(STRAILコース)

3・初級から上級レベルまでグループでトレーニングを受講できるコース(グループコース)

マンツーマンでの受講(社員一人一人が個別に受講するタイプ)と、グループでの受講が可能なコースが用意されています。

人気が高く効果の即効性を実感しやすいのは、1及び2のマンツーマン形式のコースです。費用はグループコースよりも高くなりますが、効果の即効性を重視する場合、こちらがおすすめです。

どのコースにもあてはまる重要なポイントは効果実現の「時短」です。後述する「第二言語習得研究」に基づいた英語トレーニングによって、英語力を伸ばすための時間を劇的に短縮することができます。

専門性の高いトレーナーが受講者の英語学習上での「課題」を発見するコンサルティングを行い、それをもとに一人一人が「最も適切な方法」で英語に取り組むことができます。

さらに、ENGLISH COMPANY for bizでは、「行動科学マネジメントⓇ」という科学的手法に基づき英語の習慣化もサポート。多忙なビジネスパーソンがいかに英語を習慣化し、継続するか?そのためのノウハウを持っています。

「行動科学マネジメント」はウィルPMインターナショナルの登録商標です。

効率的に英語に取り組むことができ、挫折することなく継続することができる。上達を着実に実感することができる。だから成功する。それがENGLISH COMPANY for bizの強みです。

なお受講料金は、受講する社員の人数に応じて受講費が発生する形です。法人の契約ではコースに応じて次の特典が用意されています。

ENGLISH COMPANYコース

・入会金5万円オフ

・人事担当者様が受講社員の進捗状況を確認することができる「プログレスレポート」の作成と報告

・オプションとしてスマホで使えるオンライン英語教材「ENGLISH COMPANY MOBILE」でのフォローアップ

STRAILコース

・入会金5万円オフ

・受講人数に応じて受講費用の割引(例:累計3名以上で1万円オフ、10名以上で2万円オフ)

・オプションとしてスマホで使えるオンライン英語教材「ENGLISH COMPANY MOBILE」でのフォローアップ

グループコース

・入会金2万円オフ

研修は効果の「根拠」を確認する

当然ですが、英語研修で大切なのは、研修のビフォア・アフターで英語力の向上が達成できるかどうか、つまりほんとうに効果が出るのか、という点です。

費用と時間を投資して英語の研修を実施したにもかかわらず、「本当にそれをした意味があったのか?」と悩むようでは意味がありません。効果がでなければ、「お金のムダ」と社内で非難されることもあるでしょう。

確実に効果のでる研修を実行するために重要なのは、実施する研修の効果の「根拠」を検討することです。

ENGLISH COMPANY for bizの運営会社である株式会社スタディーハッカーは、大学受験を中心とした教育事業からスタートした会社です。

運営する予備校では、東大や京大・国立医学部などへ多くの合格者を輩出。そんなスタディーハッカーが社会人向けにリリースしたのがENGLISH COMPANYです。

ENGLISH COMPANYリリース後は社会人でも大幅な英語力アップを多くの受講生に対して実現しています。創業時より大学院で英語教育を学んだ専門スタッフが在籍しており、実績面でもコンテンツ面でもまちがいなく「ほんもの」だと言えるでしょう。

長年教育事業に携わってきた実績と、英語の学術的知見を豊富に持ち、実績も膨大、そして教育業界最大手のグループ企業でもあります。ENGLISH COMPANYは効果の「根拠」を十分にもった会社だと言えるのではないでしょうか。

強みは「第二言語習得研究」に基づいた英語トレーニング!

ENGLISH COMPANY for bizでは「第二言語習得研究」という科学的に信頼のおける言語習得の科学をベースに、英語のトレーニングを実施します。

「第二言語習得研究」は、人がどのように言語を習得するのか、そのメカニズムを解き明かす学問です。この言語習得の知見をもとに受講生の「課題」を発見し、最も効果のあるトレーニングを行うことが可能になります。

講師の体験をもとにした属人的なメソッドではありません。学問として証明された知見をベースにすることで、「最短ルート」で英語力を伸ばしていけます。

株式会社スタディーハッカーが運営するENGLISH COMPANY for bizはまさに、効果の再現性や信頼性に対して大きな強みを持つ英語研修サービスと言えます。

「英語の専門家」がトレーニングを担当!

今では様々な会社が「第二言語習得研究」をキャッチコピーに英語習得サービスを提供するようになりましたが、「第二言語習得研究」を取り入れた英語パーソナルトレーニングの先駆がENGLISH COMPANYです。

先に述べたように、ENGLISH COMPANY for bizの運営会社である株式会社スタディーハッカーは、予備校を中心とした教育事業からスタートしました。長年、教育現場の最前線でアカデミックな研究成果をもとにカリキュラムをブラッシュアップし続け実績を積み上げてきました。

所属するトレーナーの多くは教育の現場での経験や、大学や大学院で英語教育や第二言語習得について学んだ経験をもつ専門性の高い人材。ここには「ただ英語ができるだけ」というトレーナーはいません。英語を教えること、英語の能力を向上させることについての専門性をもったトレーナーが在籍しているのです。

人材の質や英語教育における実績はまちがいなく業界トップクラスだと断言できます。

英語力を効率的に伸ばすために、「どのような方法」で取り組むかはとても大切です。それと同時に、「誰の指導で」英語に取り組むかも効果に大きく影響します。

英語が話せても「英語習得に関する知見」を持たないネイティブや、英語がただできるだけの日本人講師に英会話を習っても英語を話せるようにならない理由が、ここにあります。

「結果的」に最短距離でビジネス英語を習得する方法

ビジネス英語を身につけるために大切なのは、適切な手段で英語に取り組むことです。英語が効果的に上達する「ステップ」があるのです

例えば会社では、入社したばかりの新人に適切な業務を与え、ステップ・バイ・ステップで業務をこなせるように配慮するでしょう。

会社に入ったばかりで右も左も分からない新人社員に、入社10年以上のベテランと同じ業務を任せて同じ働きをさせようとしても、それは無理な話です。英語にも同じことが言えるのです。

適切なステップを踏むことで結果的に、短期間で効率的に、英語力が伸びていきます。英語力を短期間で適切に伸ばすためのノウハウを持っているのが「ENGLISH COMPANY for biz」です。

受講者一人一人の課題を発見し、その課題を解決するために最適な学習メニューを個別にカスタマイズして都度提案してくれます。課題に基づきゴールへ向かう最短距離へと案内する。それが「ENGLISH COMPANY for biz」の英語人材育成メソッドです。

教育研修担当者として大切なこと

企業研修において担当者として忘れてはいけないことが、「その研修を行った意味」を第三者に分かりやすく提示することができるかどうか、という点です。

企業はお金をかけて人材を育成します。お金を使った結果どのような変化が起こったのか?「効果」を示すことによって、研修の価値が評価されることになります。

英語研修を行った結果、「受講者のTOEICⓇスコアが劇的に伸びた」など、第三者が客観的に認識できる効果を示すことができれば、研修担当者の評価アップにもつながります。逆にその研修を行う効果が不明瞭なものを選択することは、様々な面でリスクがあります。

この点、ENGLISH COMPANY for bizは日立アカデミーやRICOHといった一流会社に採用された企業向け英語研修サービスであるというだけでなく、過去蓄積された「短期間で英語力を伸ばす」トレーニングに定評と実績があります。

あなたが着実で信頼性の高い英語研修をお探しなら、特に「ENGLISH COMPANY for biz」を検討する価値が高いでしょう。

まとめ

ここまでのまとめです。

ENGLISH COMPANY for bizは企業向けの英語研修サービスです。「英語の科学的トレーニング」に定評を持つ英語パーソナルジムENGLISH COMPANYのノウハウを英語研修に活用。90日間で英語人材を育てるための超効率的なサービスが特徴です。

既に日立アカデミーやRICOHなど約100社が英語の企業研修として導入しており、企業向け英語研修の新スタンダードとして注目されています。

開校から約6年で累計14,000人以上の英語力アップをサポートしてきた、「英語パーソナルトレーニング」で培った効率的に英語力を伸ばす科学的なメソッドを強みとしています。

特に、TOEICⓇやビジネス英語力といった英語力を持つ人材を短期間で効率的に育成したい場合、そのメソッドに効果が期待できます。

ビフォア・アフターの効果に注目

研修の目的は「効果をだすこと」。受講者が目に見える変化を達成できるサービスを選定することが大切です。

「ENGLISH COMPANY」の英語トレーニングはもともと「90日間でTOEICⓇ200点アップ!」など目に見える効果が出やすいサービスとして知られていました。

ENGLISH COMPANYは多くの実績、専門性の高いスタッフをもった「伸びる根拠」をもつ会社です。研修に「効果」を求める方にぴったりのサービスだと言えます。

もっと情報が欲しい方へ

更に詳しく知りたい方は下記のリンクから公式サイトにアクセスしてください。ビジネス英語研修のためのお役立ち資料とENGLISH COMPANY for bizの導入事例についての資料を無料でダウンロードすることができます。

資料の無料ダウンロードはこちら

ENGLISH COMPANY for biz公式サイト

「論より証拠」であなた自身が「英語の科学的トレーニング」を無料体験することもできます。本当に効果が期待できるか?ノーリスクで確認することができます。