現在の英語力と上達の課題が分かる「英語力マップ」とは?

先生と生徒

「英語の勉強をきちんとしたことがない。何をどうすればいい?」

「英語を勉強しても全然分からない」

「英単語が覚えられない。スペルが書けない」

当メディア『英会話ビギナーズWEB』は日々、このような英語の悩みをお持ちの方からアクセスされています。

「英語がわからない」といっても、人によって状況は違います。

状況が違えば対処法も違います。この意味で大切なのは、「今のあなたにとってベストな解決策を知ること」と言えるでしょう。

そこでこの記事では言語習得の科学である「第二言語習得研究」の知見に基づき、英語習得には様々なレベルと課題があることをご紹介します。

「私はどのレベルでつまずいているのだろう?」という視点で今あなたが抱えている問題を見直すことで、あなたの英語の悩みを解決する方法が見えてくるかもしれません。

特に初心者の方には「どのレベルで何につまずくのか?」を知ることは、挫折しないための大切な情報です。ぜひ参考にしてみてください。

はじめに

英語を勉強する上でまず大切なのは、「効果が出る」正しい方法で英語の学習を行うことです。

そのためにまず知っておきたいのは、

1・あなたの現在地(英語力)

2・あなたの課題(状況)

を踏まえた上で、「今やるべきこと」に取り組むことです。

たとえば、あなたがTOEIC®500点で、「英語をスピーディーに読むことができない」という悩みを抱えている場合。英語を素早く読むことを邪魔している「原因」を見つけ、その「原因」を解決する必要があります。

あなたは今どこ?8つのレベル

英語学習が伸び悩む理由は人それぞれ。

あなたがなぜ伸び悩むのか、それを解決するためにどうすればよいのか。それを知るためには、まず「私は今どこにいるの?」というあなたの英語学習の上での「現在地」を正確に知ることが大切です。

そこで参考になるのが『最速最短!英語学習マップ』(著:StudyHacker ENGLISH COMPANY)で紹介されている「英語力マップ」です。

この「英語力マップ」では、「第二言語習得研究」という学問を根拠に、英語を8つの学習フェーズに分類し、それぞれのレベルごとに、「到達の目安」が示されています。

このマップで自分のレベルを知ることによって、

1・あなたが抱えている今の課題

2・あなたが抱えている課題を適切に解決する方法

を効果的に見つけることができます。

それでは実際に、8つのレベルについてご紹介します。

レベル0→1

英語の基礎的な知識(中学高校で勉強した基本的な英語)の大部分を忘れてしまっている状況です。「英語が全然分からない・・・」とお悩みの方がこの状況に当てはまります。

ここで何をすべきなのかはシンプルです。今後の英語学習全体の土台となる「基本的な語彙や文法の知識」を徹底的に身につけ、この次のステップである「ゆっくり読めば理解できる」状態を目指します。

語彙や文法を学ぶ際は、「認知文法」というネイティブが感覚的に持っている語彙や文法の「コアイメージ」を身につけて、日本語の訳に頼らず英語をイメージで捉えることを意識するとより理解が早まります。

レベル1→2

英語の基礎知識が身につき、単語一つ一つを訳しながら英文を読めば時間はかかるが理解することができるレベルです。

ただ、英語の語順のまま読むことができず日本語の「訳」を介して行ったり来たりしながら読んでいる傾向が高いため、スピーディーに英文を読むことができません。

思い当たる方は、まずは英語の語順のまま処理できるように鍛えていくことがおすすめです。

具体的には、英語を一文ごとにきれいに訳そうとせず、文のなかの「意味のかたまり(チャンク)」ごとに頭から瞬時に理解していく読解法「チャンクリーディング」に取り組みましょう。

普段の英語の適切な読み方をトレーニングすることで、英語をより速く読むことができるようになります。

レベル2→3

「英文は素早く読めるがリスニングに問題がある」というレベルです。英語を目で見て読めば理解できるのですが、音になるとうまく聞き取ることができないという状況です。

よく、ネイティブの英語は「速くて聞き取れない」という方がいますよね。でも実際には、速さが原因で聞き取れないわけではないのです。本当の原因は「音声変化」にあります。

音声変化とは、ネイティブが発音する際に音を省略したり、つなげて発音したりする「省エネ型」の発音のこと。ネイティブが実際にしている発音と、私たち英語学習者が知識として覚えた発音にギャップがあるから、その単語として認識することができないのです。

ここで「わたしだ!」と思った方は、この「音声変化」のルールを覚えて、練習しましょう。そうして音の聞き取り力(音声知覚の能力)をあげることから始めるのがおすすめです。

レベル3→4

英語はなんとか聞き取れるようになったが内容の理解に問題があるレベルです。英語のリスニングは音を聞き、かつ内容を正しく理解することが大切です。このレベルをクリアすることで、英会話やTOEICで目に見える変化が実感できるでしょう。

対策としては、シャドーイングなど音を聞き取るトレーニングを日々行うことで、音声知覚のために使用していた脳の処理負担を軽減。英語の音を聞き取るだけでなく、内容を理解する余力を増やすことができます。

英語のリスニングの仕組みについてはこちらのウェビナーが勉強になります。英語の聞き取りに課題がある方は、こちらもあわせてご覧ください。

ウェビナー『言語習得の専門家に学ぶ! リスニングの科学と聞き取りの極意』内容まとめ&感想

レベル4→5

英語を聞き内容を理解できるようなったが次のアクション(対応)がうまくできないレベルです。

たとえば、英会話で相手の言っていることはその瞬間は理解できるけど、聞き終わったあとに、内容を思い出せずにつまずいてしまう状態です。

英会話はもちろんビジネスで英語を使う場合は、このレベルをクリアすることで、英語が「使えるスキル」に近づきます。

まだまだ会話の内容を記憶する余力がない状況なので、語彙レベルが高いテキストや構文が難しい文でシャドーイングをするなど、普段の学習であえて負荷をかけて英文を「楽に理解できる」状態を作るトレーニングを行うのがおすすめです。

レベル5→6

英語を「読む・聞く」スキルはおおよそ身についたものの、「話す・書く」ことは自由にできない状態です。つまり、「アウトプット」に課題がある状態です。インプットしてきた知識を、まずは「正確」にアウトプットすることを目標とします。

英語日記で英文を書くことを習慣化したり、自分自身でテーマを決めて英語で独り言をつぶやいたり、自分のスピーチを作成し、スマホで録画し内容をチェックしスクリプト化するなど、アウトプットの練習をしていきます。

レベル6→7

英語を正確に話す・書くことができるようになったが、「流暢さ」や「スピード」に問題があるレベルです。この段階では、より流暢さを高めるトレーニングを行います。

ポイントは普段の学習に「時間制限」を設けること。すばやくアウトプットをしようとすると一時的に「質」は下がりますが、短時間で「量」をうみだすことを意識することで、次第に「質」も高まっていきます。

レベル7→8

英語を正確に話したり書いたりすることができ、かつ流暢さやスピードも問題ないレベルです。まさに「英語の上級者」と言える状態で、ここからは更に複雑な構文や英語の論理的な表現を身につけていきます。

大切なのは「自分の現在地」を知ること!

以上が8つのレベルです。

英語の悩みを抱えたときに何より重要なのは「自分の現在地」を知ることです。英語習得に関する情報は山のようにありますが、「今のあなた」にとって参考にならない情報はノイズなのです。

いまのあなたにとって必要なことを見極め、それに取り組んでいく。そうすれば目的地へと迷うことなく最短距離で進んでいくことができるのです。

「英語の勉強法が分からない」

「勉強しても内容が頭に入らない」

とお悩みの初心者の方は、自分がどの段階で何につまずき、それをどう解決すればいいのかを知ることが、脱初心者のための情報です。

英語は適切な方法で取り組むことで、前進を実感することができます。大切なのは、必要なことを知ることです。

最後に

以上、この記事では現在地を知るための英語力の8つのレベルについてご紹介しました。

あなたが今どこにいるのか?正確な現在地について知りたいなら、STRAIL(ストレイル)という英語コーチングサービスがあります。

先ほどご紹介した書籍「最速最短!英語学習マップ」の著者で、一時は入会待ちが600人も出たほど、社会人から圧倒的人気を誇る英語パーソナルジム「StudyHacker ENGLISH COMPANY」から派生したサービスです。

英語教育の専門家が、言語習得の科学「第二言語習得研究」の知見を基にしたコンサルティングを通して、あなたの英語学習における現在地を特定(=課題発見)した上で、「今のあなた」にとって最も効果的な英語学習の方法を提案してくれるサービスです。

目的別に3つのコース(初級者コース、TOEIC®L&R TESTコース、ビジネス英語コース)が用意されているので、あなたにとって最適なコースを選ぶことができます。

今この記事を読んでいる英語初心者の方にぴったりなのが「初級者コース」です。これは、「中学・高校の英語から不安……」「英語学習をなにから始めたらいいかわからない……」という方にまさに最適。

3ヶ月で中高6年間の語彙・文法を総復習し、その先のリーディング・リスングスキルの素地まで丁寧にトレーニングしていきます。また、STRAILでは行動科学の知見を用いて、英語学習の習慣化の支援も行なってくれます。「久しぶりの英語勉強だけど続くかどうか……」と心配な方も安心です。

そのほか、昇給や昇進、就職や転職など、今後のキャリアアップのためにTOEIC®スコアを伸ばしたいという方のために、「TOEIC®L&R TESTコース」も用意されています。

TOEIC®完全対応のオリジナル教材で、目標スコアに必要な語彙文法を習得し、リーディング・リスニング力を効率よく伸ばしていきます。さらにあなたの弱点を細かく分析した上で、パートごとの対策まで丁寧にサポートしてくれます。

初級者コースで基礎を身につけたあとにこちらのコースに通い、キャリアップに役立つTOEIC®の勉強を本格的にするというのもアリですね。

また、プレゼンや会議など、ビジネスの場での英語運用能力を上げたい方のための「ビジネス英語コース」もあります。

ビジネスで必要とされる総合的な英語力の向上を目的とし、基礎はもちろん、円滑なコミュニケーションを可能にする実践的なスキルまで集中的に鍛えていきます。英語を仕事で本格的に使っていきたいという段階まで来たら、こちらのコースを選択するのもよさそうですね。

こちらの記事では私自身の体験談を含めたSTRAILの詳細情報をシェアしています。この情報があなたの英語学習の効果を大きく変える可能性があります。

特に英語の取り組み方に不安をお持ちの方や、思うように英語力が伸びない初心者の方にとっては、「英語のプロ」にアドバイスを受けることは現状を大きく変えるきっかけになります。ぜひ参考にしてみてください。

ぜひ参考にしてみてください。

英語コーチング「STRAIL」の特徴と期待できる5つの効果【体験談】

参考文献

・『最速最短!英語学習マップ』