ホーム > 電子辞書の選び方 > 収録コンテンツについて

今の電子辞書はコンテンツもたっぷり


英会話学習に挑戦するときにあると便利なのが電子辞書。

最近の電子辞書は、数万円するだけあって、さまざまなハイスペックなコンテンツが収録されています

例えば、有名メーカーのカシオの代表モデルの1つであるEx-word XD-SF6300では、

・英検の単・熟語シリーズ(2級〜4級)
・TOEIC対策コンテンツ
・英語名演説・名台詞集
・外国語会話集(英語・ドイツ語・フランス語など11ヶ国語)

など、驚くほどたくさんの内容が収録(しかもネイティブ音声機能付き!)されています。

それだけではなく、例文検索、音声機能など、英会話学習に役立つ実用的なコンテンツが収録されているのが特徴。

よい辞書を持っておくことで、普段の学習で使えるだけでなく、海外旅行やビジネスシーンでも使える内容になっています。

スポンサードリンク


収録内容は
一般的な電子辞書のコンテンツは、メーカーによって多少の違いはありますが、おおむね次のような内容になっています。

・英語関連(辞書、会話集、単語集など)
・他の外国語コンテンツ
・国語(文学集が収録されているものも!)
・ブリタニカなどの百科事典
・生活実用コンテンツ(手紙例文、マナー集など)

英語関連のコンテンツですが、ジー二アスの英和・英英からオックスフォードなどの専門的なものまで、多種多様です。

初心者の方は、ただ英単語の意味を調べるときに使うのか、仕事で使うのかで内容を選ぶとよいかもしれません。例えば、

仕事で使うとき
→例文検索機能がある辞書を使って文法をチェックする

など、「どういう目的で辞書を使いたいのか」を決めておくことで、収録コンテンツを実用的に使いこなすことができるからです。英単語の意味を調べるだけなら、数千円のモノでも十分です。

ただ、普段の学習のほか、海外に行くときやネイティブ音声をチェックしたいとき、文法の確認を自分でしたいときは、それなりのハイスペック機種が必要になります。

(英会話学習のための電子辞書の選び方はこちらでまとめています。)

「辞書でいろんな英語学習をしたい!」という場合、辞書機能はもちろん、英会話コンテンツや音声機能など、収録内容が多い、ハイスペックタイプに挑戦してみるとよいかも。

電子辞書=持ち運び便利な辞書ではなく、学習のためのポータブルメディア的な使い方ができます。

関連記事
電子辞書ランキング

<<電子辞書のコンテンツ一覧へ

スポンサードリンク