英語学習ウェビナー『「TOEIC高得点なのに話せない」あなたへ』内容まとめ&感想

2021年3月20日ウェビナー

このページでは、2021年3月20日に開催されたウェビナー(ウェブで受講できる無料セミナー)、『「TOEIC高得点なのに話せない」あなたへ コミュニケーション・ストラテジーで英会話はスムーズになる!』の内容についてシェアします。

「TOEICのスコアは700~(中上級)あるのに英語が話せない」という方はこちらの情報をチェックしておくことで、どうすればスムーズな英語コミュニケーションができるようになるのか?ヒントがつかめると思います。

ぜひ参考にしてみてください。

許可を得てキャプチャ画像を掲載しています。

なぜ英語が話せないのか?

TOEICである程度のスコアを取得することができるのに、英語を話すとなると、英語が口から出てこない。仕事で自由に使えるレベルにならない。

一体なぜ?そしてどうすれば英語をもっとスラスラ話せるようになる?それが、ウェビナーのテーマです。

ウェビナーは次の3ステップで進んでいきます。

スライド1

「重要なポイント」を分かりやすく理解することができ、「なぜ」と「どうして」をスッキリ理解することができました。

TOEIC高得点でも英語が話せない原因

ここからは少し具体的にご紹介します。

そもそも、TOEICで一定水準のスコアを取得することができるのに、英語を話せないのか?それには次の原因があるという話でした。

スライドショー2

これは「そうかもしれない」と強く納得したのですが、私たち日本人は、英語をアウトプットする機会が、本当に少ないと思います。

例えば学校で英語を勉強するにしても、それは受験のためで、目で見たり聞いたり、「知識を詰め込む」ことはたくさんしています。

では、覚えた知識をアウトプットする練習をしたかというと、そのような機会はほとんどありませんでした。

私の場合、大学は英文学科だったので、英語オンリーの講義を受講し、コミュニカティブな体験をする機会が多かったのですが、それでも英語をアウトプットする機会が十分だった印象はありません。

それより、英語を話すことが「自然」にできるようになったのは、大学を出て勤務した中学校で仲良くなったALTの先生と頻繁に英語を話した経験が大きかったと感じています。

あなたも、TOEICで一定水準のスコアを取得できるということは、中学~大学と英語のインプットは十分にしているはずです。

にも関わらず英語を話せないということは、インプットが不足しているのではなく、「アウトプット」が足りていない可能性があります。

方法は大切!

アウトプット不足の解決策として検討したいのがオンライン英会話。そこで問題となるのが、「どのように英会話に取り組むか?」です。

シンプルな話ですが、「方法」はとても大切です。なぜなら、「間違った方法」は「間違った結果」にしかつながらないからです。

「失敗は成功の母」ですが、せっかくなら「効果が出やすい」方法で取り組みたいものですよね。ではどうするか?そのポイントが、「レッスン毎の目標設定」です。

スライド3

このレッスンで何を身につけるか?どのようなことを意識するか?「目標」を具体的に設定してレッスンを受けることで、より効果的に英会話を身につけることができます。

何でもそうですか、漫然と取り組むのと、具体的に目標を決めて取り組むのとでは、集中力が違ってきます。

英会話レッスンを受ける場合も、「何のために」を意識することが大切という話でした。

「コミュニケーション・ストラテジー」を身につける

英会話の具体的なスキルとして知っておきたいのが「コミュニケーション・ストラテジー」。

かんたんに言うと、「英語でのコミュニケーションを適切に行うためのスキル」です。

スライド4

そこでは様々なテクニックがあり、これらを身につけ実践することで、英語でのコミュニケーションをスムーズにできるようになります。

スライド5

ネイティブも人!

ちなみに、「コミュニケーション・ストラテジー」の話で強く印象に残ったのは、相手の心情や立場を尊重してコミュニケーションを取ることの大切さです。

日本では敬語や「忖度」という言葉があるように、相手の年齢や職業、立場といった表面的なものに加え、相手の気持ちを考えた物言いが推奨されます。

一方、英語では「言いたいことをハッキリ言うのが正解なんですよね」というような印象を持っています。

ところが、それは間違いで、英語でも結局は人と人とのコミュニケーションなので、不適切な物言いが相手に悪印象を与えてしまう場面は十分あり得るという話でした。

そこで、「コミュニケーション・ストラテジー」を使うことで、英語でも日本語と同じく、相手の立場や心情を尊重した英語の話し方を習得。効果的なコミュニケーションができるそうです。

物は言いよう。言葉一つで、人間関係はかんたんに壊れますし、逆も然りで言い方一つで円滑に会話が進むこともあるでしょう。

英語も同じ。言い方(言葉の使い方)は、本当に注意したいものですね。

英語が話せない問題を解決!

ここまでのまとめです。

スライド6

ウェビナー『「TOEIC高得点なのに話せない」あなたへ コミュニケーション・ストラテジーで英会話はスムーズになる!』では、

・英語のアウトプット不足

・英会話の練習方法の間違い

といった原因を知った上で、「コミュニケーション・ストラテジー」というスキルの大切さを学ぶ内容でした。

アウトプット不足の解決策はオンライン英会話などのリーズナブルなサービスを利用することができますが、問題は方法です。

ただ漫然と英会話のレッスンを受けるより、「今日はこのスキルを実践しよう!」「このフレーズを使おう」というような「目標」を持つことで、上達しやすくなります。

そして、英語のコミュニケーションを効果的に行う「コミュニケーション・ストラテジー」を身につけることによって、円滑にコミュニケーションを行うことができます。

このスキルに関しては、英語はもちろん、日本語でのコミュニケーションにも効果が期待できると感じました。

「コミュニケーション・ストラテジー」についてはこちらの記事で内容を分かりやすくまとめました。興味がある方はこちらをご覧ください。

オンライン英会話の効果アップ!「コミュニケーション・ストラテジー」とは?