ホーム > すぐに使える英会話例文集 > 英語名言 名曲集【番外編2】

音楽が英語好きのきっかけに


名曲・名言で英語&英会話を楽しむページです。このページでは、英詩にこだわらず、単純におすすめの洋楽を掲載しています。

音楽をきっかけに、英語を楽しんでもらえたらいいなぁと思っています。Vol.1Vol.2Vol.3番外編1はこちら

What Is A Youth


オリビア・ハッセー主演の『ロミオとジュリエット』に挿入される歌。映画も音楽も文句なしに素晴らしい!

この映画で英会話を勉強するのはいまいちですが、英語文化の理解に鑑賞する価値がある作品だと思います。

Alone Again


60年代から70年代にかけて活躍したアイルランド出身のシンガーソングライター、ギルバート・オサリバンの名曲。メロディーのポップさもさることながら、歌詞カードを見ながら歌を聞くと、彼の音楽の味わい深さに気がつきます。

ギルバート・オサリバンに興味がわいた方は、アマゾンでベストアルバムを視聴してみてください(「ベスト・オブ・ギルバート・オサリバン」で検索)。

Times They are a-Changin


音楽と英語の詩、両方を楽しもうと思うなら、60年代のボブ・ディランがおすすめ。

「風に吹かれて」、「はげしい雨が」、「ライク・ア・ローリングストーンズ」などの名曲を聞きながら、その歌詞を読む。歌詞だけで世界がイメージできる数少ないアーティストの1人です。

For Emily Whenever I May Find Her


日本でもファンの多いサイモンとガーファンクルの隠れた名曲です。彼らの歌も、歌詞カードの英語を読みながら、じっくり聞くのがおすすめ。

「スカボロフェア」や「アメリカ」など名曲も多いので、興味がある方はベストアルバムでサイモンとガーファンクルの歌をチェックしてみてください。

With or Without You


80年代、一世を風靡したアイルランド出身のロックバンド、U2の代表曲です。

「社会派」のロックバンドとして賛否両論のU2ですが、単純に音楽だけを評価すれば、たくさんの名曲を生んでいる名バンドです。

アイルランド系のミュージシャンの音楽は、アメリカやイギリスとも曲調や詩の雰囲気が違うので、比較して聞いてみると面白いと思います。

I Wanna Be Adored


80年代末に登場した伝説のロックバンド、ストーン・ローゼズの名曲から。

彼らの登場によって、マンチェスターブームが到来。オアシス、ブラー、レディオヘッドなど、UKロックブームの先駆けとなります。

Joga


アイスランド出身の歌姫、ビョークの名曲から。フジロックフェスティバル等でよく来日する、日本でも知名度が高いアーティストです。

音楽は癖があり、万人に薦められるわけではありませんが、ソロデビュー当時の歌は名曲も多く、英詩を読むだけでも英語を楽しめます。

I've seen it all


映画、「ダンサー・イン・ザ・ダーク」の主題歌で、あのレディオヘッドのトム・ヨークとビョークがデュエットしている珍しい曲。

映画自体は救いがないほどヘビーですが(完全に鬱映画です)、映画を日本語字幕なしで見つつ、ストーリーを理解し、この歌を聴くのがおすすめ。

Mr. Writer


2000年代、UKチャートをにぎわしたロックバンド、ステレオフェニックスの代表曲です。かすれた声のボーカルと、ヘビーな音使いが特徴のバンドです。

この手の音楽が好きな方なら、オアシスやプライマルスクリームなどのUKバンドをチェックするといいかも。

In My Place


オアシスやステレオフェニックスがロック寄りのUKバンドなら、コールドプレイは情緒寄りのメロディックなUKバンド。繊細な音楽が多いのが特徴です。

コールドプレイの音楽が良いと思ったら、ブラーやレディオヘッド、JJ72などのUKバンドも聞いてみてください。

I'm Outta Time


第二のビートルズと呼ばれるイギリスのバンドオアシスの名曲から。今は解散してしまいましたが、90年代2000年代と、その活躍ぶりはもはや伝説(いろんな意味で)。

オアシスの歌は英語を勉強する素材には向きませんが、イギリスのサブカルチャーを知るきっかけになると思います。

関連記事
英会話初心者のためのYouTube活用法
洋楽で英語を勉強する

<<覚えておきたい英会話の例文集へ