英語脳が身につけば日本語不要。英語を自由自在に使いこなすことができる

英語はもう大丈夫!

英会話上達のためには英語脳を身につけることが大切?

このページでは、英語をペラペラ話せるようになるために知っておきたい、英語脳についての基本情報及び身につけ方をご紹介しています。

長い目で見れば、この能力の習得は英語に取り組む上で必須とも言えます。ぜひ参考にしてみてください。

日本語を使わなくても英語が分かる!

まずはじめに、英語脳とは日本語を使わずとも英語をそのまま理解できる能力のことです。

バイリンガルや優れた通訳者には、こうした回路ができていることが、最近の研究で分かっています。

一般的な日本人学習者の場合、英語を聞くと、「英語を聞く→日本語に変換、日本語で理解する」というプロセスで、英語を理解しています。

例えば、I have a pen.という英文を理解するとします。

英語が苦手な方、初心者の方の場合、次のように英文の意味を内容を理解すると思います。

「I・・・私は、ペン、have・・・持っている→私はペンを持っている」

このような感じでしょうか。

通常、私達日本人が外国語である英語を理解するためには、英語を日本語に変換して、意味を理解しています。

英単語をまずは日本語に訳して、次に文章を理解する方法です。

しかし、英語脳を持つ人は、日本語を使わなくても、英語をそのまま理解することができます。

I have a pen.という英文を、日本語訳をしなくても英文のまま理解できるのです。

「日本人なのに、ネイティブスピーカーと同じように英語が理解できる」というイメージです。これが英語脳です。

流暢に英会話ができる人、英語の上級者は、この英語脳を身につけています。

なぜ英会話に英語脳が必要なのか

英文を読むだけ・書くだけなら、正直なところ英語脳は必要ありません。

英文の翻訳や作文なら、自分のペースで作業ができるし、わからないことは辞書を引いたり、意味を確認する時間があるからです。

ところが、英会話となると話は別です。

英会話は相手とのキャッチボール。相手が話したことを、脳内で日本語に変換していたら、とても会話になりません。

相手の言っていることを瞬時に理解し、かつ英語で答えるのが英会話、コミュニケーションだからです。

少なくとも、会話を楽しんだり、英語を実用的に使うなら必須。

「相手が話す内容を理解して、それに対する自分の考えを伝えることができる」英語脳を身につける必要があります。

突然「そのまま」理解できるようになる!

ではどうしたら、英語脳を身に付けることができるのでしょうか。

方法としては、「ある程度の地道な学習(フレーズや慣用句のストック)、継続的なアウトプットが必要ではないか?」と私は考えています。

私の場合は、あるときを境に、英語を訳さなくても、そのまま理解できるようになっていました。

大学で4年間英語を学んでいましたが、最初の2年間はぜんぜん話せないし、リスニングで精一杯でした。

そんなとき、教育実習で中学校に行きました。

そこで、AET(ネイティブの英語補助教員)の先生と会話をしていたとき、自然と自分が英語をそのまま理解していることに気が付きました

以来、リーディングをするときも、スピーキングをするときも、日本語を使うことはあまりありません。

難しい文章や、分からない英文のみ、日本語を使うという感覚です。これは本当に不思議な体験でした。

基本の積み重ねが大切

こうした「突然変異」を自分なりに考えてみると、次のことが頭に浮かびました。

・大量の英文を読み、たくさんのライティングをこなしたこと

・和訳するときは英語の考え方にしたがって訳してきたこと

・単語やイディオムをたくさん暗記してきたこと

つまり、何年も続けた学習が英語脳育成の基礎ではないかという結論です。

例えば、単語にしても、その言葉を日本語に訳さなくてもよいくらい、パッと見ただけですぐに理解できるくらいの学習と暗記をこなします。

定型の文章も何度も口にし、紙に書き、無意識のうちに理解できるほどこなします。また、たくさんの英文を読んで、脳内の情報処理スキルを磨き、英語に慣れるのです。

こうした学習を継続して続けていると、わざわざ訳さなくても、「何となく」英文がそのまま分かるようになります。

感覚的な表現ですが、「英語のまま」内容が理解できるのです。「I=私」ではなく、「I」のまま分かるのです。

そのプロセスをまとめると、次のようになります。

・第一段階

和訳で英語を理解する。この時期は日本語が学習に不可欠。

・第二段階

かんたんな内容なら、和訳せず内容がイメージできる。が、まだ学習に日本語が必要。

・第三段階

和訳しなくても、英語が自然に理解できる。

未知の単語やフレーズに遭遇しても、「何となく」意味が理解できるようになるので、気にならない限りは日本語に訳さなくてもよい。

私の場合、このような感じで、徐々に和訳から卒業していきました。

このことから、科学的な根拠はありませんが、英語を使えるレベルになるには、それなりにしっかりとした基礎的な学習が必要だと実感しています。

最初は、日本語で英文を理解して、そこから徐々に離れていきます。このプロセスは、自転車を乗れるようになったときのことを思い出せば、想像しやすいと思います。

初めて自転車に乗るとき、はじめは意識的にバランスをとり、親に支えられて車輪をこぎます。

慣れてくると、意識しなくても、一人で自然に自転車を動かすことができます。英語脳を身につけることは、まさにこれと同じことです。

ポイント

・自転車=英語

・親=日本語(理解するための支え)

このように、英語も「日本語を使った意識的な学習」を続けていくうちに、脳中に回路が自然に作られていくこと。

つまり、継続的な学習の結果です。

ちょっとしたコツをご紹介します

もし1つだけ英語脳を身につけるために効果的な学習方法があるとしたら、英語の語順、文の作り方、規則を重視した学習方法を行うことだと感じています。

それに加えて、日本語を効果的に学習に活かすことが重要になります。

例えば、英文を和訳するときに、英語独自の語順を活かした訳をしていくことで、英脳を作りやすくなる環境が生まれます。

方法としては、直読法のように英語の語順をそのまま訳す方法があるので(詳しくは和訳にこだわりすぎないを参照)、できる限り、日本語を使わず、英語独自の思考プロセスを意識します。

まぁ、最初は難しく考えず、英会話教材などでひたすら英語を聞く&読んで、日本語に訳そうとするクセをなくすことです。

英語脳を身につける上で大切なのは、量をこなすこと。

数稽古をこなしていると、あるときに「あっ!」という瞬間がきます。それはぜひ、生で体験して欲しいところです。

まとめると

英語を日本語なしでそのまま、ダイレクトに理解できる。

それこそがまさに英語脳ですが、この力を身につけると、驚くほど、あらゆる面で、英語に対する姿勢が変わります。

英会話はもちろんのこと、YouTubeでネイティブの動画を楽しむとき。TOEICのリスニングテストを受けるとき。

英語を日本語なしで理解できることの意味が実感できるのですが、この能力は一朝一夕で身につくものではありません。

我々日本人、つまり英語のノンネイティブがこの力を身につけるためにはまず、母国語である日本語を使い、英語を理解する必要があります。

だから大切なのはステップ・バイ・ステップ。1つ1つ、目の前の課題を乗り越えていくことが大切です。

しかし、いつかは到達できます。英語をコツコツ、続けていく限り。

若葉マーク 初心者でも安心して続けられる優しい英会話教材

あわせて読みたい

英会話学習の基本パターン

初級レベルでは日本語を上手に取り入れる

日本人にとって一番の学習法は

<<英語&英会話の学習法一覧へ